ドラマ【リバースの感想】アラフォー女子の見どころはキャストと回想シーン

スポンサーリンク

TBS金曜夜10時のドラマ「リバース」この春のドラマの中でもと・く・に!注目していたこのドラマ。なぜそんなに気になっていたかというと、アラフォー女子の萌えポイントがたくさんありすぎるからですよ!だって出演キャストの選び方とか、絶対私達世代の女子(?)を狙っているに違いない。そして期待に胸を膨らませて見てみた第一回は。。。あぁぁぁ。このときめきは何でしょう?このドラマってミステリーじゃなかったっけ???そんな第1回の感想と、アラフォー女子の萌ポイントをご紹介します!

リバース第1話あらすじ

深瀬和久(藤原竜也)は、冴えない男だ。有名大学を卒業しながらも、地味でつまらないほど普通の人生を送ってきた。唯一の彼の取り柄は、美味しいコーヒーを淹れること。そしてその度に彼の頭をよぎるのは、たった一人の親友・広沢由樹(小池徹平)を失ったことだった。それは10年前、大学のゼミ仲間5人とのスノボ旅行中に起きた悲しい事件、それは――。

いつもの仕事帰り、深瀬は行きつけのコーヒー店へ寄ると、そこには懇意にしてくれる乾恭子(YOU)と圭介(バッファロー吾郎A)夫婦の、いつもと変わらない笑顔があった。そんな恭子の計らいにより、深瀬は越智美穂子(戸田恵梨香)という女性と運命的に出会う。 頼りない自分にも明るく接する彼女の姿に、いつしか強く惹かれてゆく深瀬。そんな深瀬の自宅に「人殺し」という張り紙がされていた。驚きを隠せない深瀬だったが、そんなとき深瀬は、10年前に起きた広沢の事故死の秘密を墓場まで持っていくという、ゼミ仲間との約束を思い出していた。

そんなある日、深瀬が通った大学の、教授の退官祝賀会を知らせる手紙が届いた。広沢のことを思い出すのを恐れながらも会場へ向かった深瀬は、10年前の旅行メンバーである、社会科教師の浅見康介(玉森裕太)や、県議会議員秘書の村井隆明(三浦貴大)、村井の妹・明日香(門脇麦)の夫で大手商社マンの谷原康生(市原隼人)らゼミ仲間と再会する。また、その会場には広沢の母・昌子(片平なぎさ)も訪れていた。広沢の死後、8年ぶりに会う昌子に対し気まずさを覚える深瀬たち。一方、そんな深瀬たちを遠巻きに見つめる一人の男、ジャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)の姿が……。

TBSリバース公式HPより

リバース第一話感想

10年前の学生時代のシーンに胸がチクチク!

ちょっと奥さん!リバースの第一話見ましたか?

もう何でしょうね、このすっかり忘れていた青い春を思い出すときの胸のチクチクは!

だってもう大学時代のことなんて、あんまり昔過ぎるし、日々の家事や子育てに追われていたら思い出す暇もない!

それなのに、このドラマはそんな昔のことをかなり懐かしく思い出させてくれるじゃないですか。

いや、正確に言えば、このドラマの深瀬くん達の学生時代は10年前なので、私の学生時代なんかよりずーーっと最近の話なんですけどね。(っていうか、10年前ってついこの前じゃん、くらいの感覚ですけど(笑))

それでも、学生時代に友達とスノボに行ったりとか、友達の家でダラダラ過ごしたりとか、就活大変だとか、そうゆうのっていつの時代も変わらず、ほろ苦い思い出だよな~。

何か、深瀬と広沢がふたりでダラダラと一緒に過ごすシーンとか、もうキラキラしていて口元が緩まずには見られなかった。。。

あ、でもこれ深瀬役が藤原竜也さんで、広沢役が小池徹平さんだったからキラキラしていただけかもしれない。

これが、むさ苦しいオタクが2人でダラダラしているだけだったらどう?いや、見たくないな。

そこは、さすがテレビ、ちゃんとキラキラさせてくれていますね~!

 

深瀬、広沢、浅見、村井、谷原の5人のシーンも学生らしい軽いノリとか微妙な違和感みたいなのとか、こんな感じあったよな~。

青春時代って何にも考えていないようで、色々感じながら、手探りで過ごしていたな~

なんて思い出すと、やっぱり胸がチクチクしちゃいます。

まさか、サスペンス系のドラマでこんな気持にさせられるとは!!!恐れ入りました、リバースさん。

 

深瀬と美穂子の距離に胸がキュンキュン

何事にもとっても不器用な深瀬くんが美穂子ちゃんと少しづつ恋に落ちていく様がとっても丁寧に描かれていて、すっごく共感できました。

原作者の湊かなえが第一話を試写した感想として

原作では、割とあっさり深瀬と美穂子さんが付き合い始めているのですが、(ドラマでは)二人が付き合うまでに、こんなに涙ぐましい深瀬の心の葛藤などが描かれていたので、まるで親戚のおばちゃんのように応援しながら、キュンキュンしてしまいました。

TBSリバース公式サイトより

とおっしゃられている通り、深瀬みたいなとっても普通で自分に自信のない人が女の子とお付き合いするまでってすっごく葛藤とかあって、勇気もいると思うな~。

そうゆう過程もちゃんと描かれていて、そして、その過程がなんとも微笑ましくて、すっごくよかった。

試写の後、湊かなえさんが

「たぶん、私の作品であんなにも笑いが起こるのは初めてじゃないかというくらい、私も一緒に笑わせていただきました。「うち来る?」の4文字であんなに楽しい気分になれるなんて。第1話でドラマ「リバース」の世界観に引き込まれてしまいました」

と絶賛していた「うち来る?」のところも、ほんと、親戚のおばちゃんみたいな気持ちでみちゃったし、

その後の、「せーの」ではちみつを舐めるシーンからのキスシーン、そして告白のシーンも!どれもキュンキュンしっぱなし!

リバースの製作さん!どんだけ女心がわかってるんだーーー!

とにかくキャスティングが萌え

このドラマのキャスティングが素敵過ぎることは、ドラマが始める前からわかっていたんですけどね。

しかし!実際の映像は想像をはるかに超えていました!

なにこれ~?すごくいい!なんかもう、動く彼らを見ているだけで、もうそれでいいんじゃないか?!と思えるくらいです。

プロデューサーの新井順子さん曰く、

主人公の深瀬役に、藤原竜也さんをお迎えしました。深瀬は自分に自信がなく、でもいつも変わりたいと願っている人。藤原さんのイメージとは対称なこの役をやって頂ければ、愛らしく癒されるに違いないとオファーしました。

また、深瀬以外のメンズにもこだわりました。5人並んだ時の新鮮感、ワクワク感を意識して、玉森裕太さん、小池徹平さん、三浦貴大さん・市原隼人さんにお願いしました。

5人だけで本読みをした時の、個性豊かで可愛らしい感じは、言葉に言い表せないほどにワクワクします。

制作会社ドリマックスHPより

そうよね、そうよね!言葉に言い表せないほどにワクワクってわかる!

だって、アラフォー女子の萌ポイントがたくさんありすぎる。。。

アラフォー女子萌ポイント

その1. キラ(藤原竜也)&ミサミサ(戸田恵梨香)のデスノコンビ

その2.市原隼人&小池徹平のウォーターボーイズ2コンビ

その3.玉森裕太のメガネ先生

番外編 火サスの女王片平なぎさ!

ねーーーー!もうワクワクしないはずがない!

キラ&ミサミサのデスノコンビ

市原隼人&小池徹平のウォーターボーイズ2コンビ

玉森裕太のメガネ先生

 

番外編 火サスの女王片平なぎさ!

リバースこれからどうなっていくの?

とにかくアラフォー女子がときめくポイントの多かったリバース第1話でしたが、この先どうなっていくのでしょうか?

こちらの藤原竜也さんのコメントにそのヒントが!

どうやら、こんなにほのぼのキラキラしているのは、第一話だけのようですね。

これからはどんどんミステリー色が強くなっていく模様。

そちらの方の展開も見逃せません!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です