ドラマセシルのもくろみでオネエ役の徳井義実はゲイ?男性芸人と同居中?

スポンサーリンク

7月13日木曜夜10時からスタートの新ドラマ「セシルのもくろみ」原作は作家の唯川恵が連載していた小説で、ファッション雑誌業界の中で、様々な立場にある女性たちがそれぞれぶつかり合いつつも自身の幸せを探していくといったストーリー。そんな大人の女性たちの集まる舞台での徳井義実演じる安原トモは、なんとオネエ!チュートリアルの徳井さんは実生活でも男性芸人と同居中?

セシルのもくろみで徳井義実が演じる安原トモってどんな役?

徳井演じる安原トモは、カリスマヘアメイクで、ジェンダーレス

そして冷静沈着であり且つソフトな物言いの人物だそう。

作中の主人公の味方であり、理解者であるトモは、ファッションの現場でも信頼を寄せられる重要な存在!

主人公にとっても重要な人物だということは、ドラマの中でもよく出てくるだろうし、中々の主要キャラってことだよね!

ジェンダーレスってことで、男性でありながら女性の中で生きて、周りの信頼も得ているわけだから、物語の中での役どころも大きそう。

なんだか徳井さんならバラエティー番組でも女性の中でうまく立ち回れるから、役的にも違和感があまりないかも。

 

役作りについて徳井さんがインタビューで語ったこと

ドラマ、セシルのもくろみに出演するにあたっての心境を問われた徳井さん。

その問いに対して、ジェンダーレスの役は前からやってみたいと思っていたと答えていました。

演じてみたい役について取材で聞かれた時は、いつもオネエの殺人鬼と言っていたそう。

見た目や声、そしてチュートリアルのコントでも分かるようにオネエ役は自然に見れそう!

続いて役への意気込みを問われた際にも、

コントで今までも女装をしたりなど、女性の身のこなしは意識していたと徳井さんは答えています。

女性の仕草の演技をすること自体も嫌いではないし、念願の役でもあるから頑張りたいと言っていました。

きっとネタ作りのためにも、普段から女性のことをよく見ているのかな、とも思う!

だから見ていて視聴者側も、こんな人いるいる!て思うし違和感なく楽しめているんだよね。

その徳井さんがドラマでどんな風に自身の経験を活かしてトモを演じるのか楽しみ!

 

ちなみに、女装した徳井さんはこんな感じ!

えっと。美男子がみんな、女装すれば美しくなるわけではないのね。。。(笑)

いや、これはないでしょ!

今回の役は男性の見た目のままのジェンダーレスでよかった!(笑)

 

ジェンダーレス役の徳井、実生活では男3人で同居!?

 

熱望していたジェンダーレスの役を演じる徳井さん、なんと実生活では男3人1つ屋根の下で暮らしているのだとか!

相手はというと、同じく芸人の小沢一敬さんと放送作家である桝本壮志さん。

どちらも仲の良い友人で、それぞれ自宅がありながら3人で暮らす用の一軒家を借りたそうです。

何度かバラエティー番組で3人の同居のことは取り上げていたね!

小沢さんの、最後の青春ごっこをするかい?の言葉で始まったんだよね。

前から徳井さんと仲が良いことは知っていたけど、まさかここまでとは!笑

徳井さん、小沢さん、桝本さんの3人は、自分たちの共同生活のための家を、テラスハウスと呼んでいるらしいですよ。

いい大人3人、それも仲の良い男同士でとても楽しそう!

あ、でもこの3人仲がいいだけで、ゲイではないようです!

徳井さんなんて特に女子大好き!だもんね~。

こんな、プライベートでも目が離せない注目の徳井さん。ドラマではどのような一面が見られるのか、とても気になるところです!!

セシルのもくろみの真木よう子のベッドシーン作品は?演技がうまい理由も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です