上野国立科学博物館のコンパスの混雑具合と整理券の配布場所は?

スポンサーリンク

大人気の上野 国立科学博物館の親と子のたんけんひろば「コンパス」は整理券がないと入室できません。

そして、その整理券をゲットするのは大激戦。休みの日などはすぐに配布終了してしまいます。

コンパスの整理券をゲットする方法と整理券の配布場所、混雑具合など、事前にチェクしておきましょう!

2015年7月国立科学博物館リニューアルで登場した「コンパス」


2015年7月に国立科学博物館の地球館がリニューアルしました。そのときに新たに誕生したのが、

親と子のたんけんひろば「コンパス」

アスレチック+隠れ家のような遊具施設はく製や化石の展示が至近距離で見られる仕組みが合体した、小さな子供でも自然や科学に興味を持つきっかけがたくさん用意されている、とっても楽しい遊び場です。

コンパスは「遊び」の要素の中に「親子のコミュニケーション」を促すしかけをたくさん用意し、そこでの経験を通じて、科学的な知識だけではなく、感じる力、考える力が養われることを目的としています。

国立科学博物館 コンパスHPより

そのコンセプトの通り、子供は「ここは迷路か?隠れ家か?」というようなワクワクするような空間の中で、手が届きそうな近さの動物たちとご対面!

それまでは、「展示を見る」だけでもたのしかった科博ですが、このコンパスができて「展示を見て、動いて、楽しむ」博物館へさらにパワーアップ!

このコンセプトや紹介動画を見ていると大人でも楽しそーーーー!と思うくらい。

子どもがいたら、一緒に行きたくなりますよね!

しかし、そう思う大人は私だけではなかった!行った人の口コミがとっても好評なのもあってか、この「コンパス」は大人気!

どれくらい人気かと言うと。

大人気の科博コンパスはどれくらい混雑しているのか?

土・日・祝日の整理券について 午後の回の整理券は1時間程度お並びいただく状況が続いております。
定員を超えると、お並びいただいても発券できませんので、ご了承ください。

と公式ホームページで注意書きがされている程の人気っぷり!

コンパスに入室するための整理券をとるために1時間待ちですよ!!!

ここには「午後の回の整理券」と書いてありますが、午前の回の整理券ももちろん人気です。午前の回の整理券は朝一番でなくなります。

休みの日のコンパス整理券の獲得はかなりの激戦です!

春休みや夏休みでも平日であれば並ばなくても整理券をもらえるときが多いので、長期休みの平日を狙うというのも手ですね。

我が家は春休みの金曜日に行きましたが、10時に行って13時の回の整理券を並ばずにとることができました。

いつも休みの日に行って撃沈していたので、やっぱり平日がオススメです!

コンパスの当日の混雑状況は国立科学博物館のホームページで確認することが出来ますよ。

http://www.kahaku.go.jp/konzatsu.php

整理券をゲットする方法は?事前予約は出来るの?

コンパスに入室するには「入室整理券」が必要になります。

コンパスに入室できるのは1日6回。10時、11時、12時、13時、14時、15時の6回です。1回の時間は45分間。

それぞれの回の定員は1回60名です。

入室整理券は当日の開館時間から発券になります。事前予約は出来ません!

入室整理券の発券時間はその回(時間)によって違います。

午前の回(10時、11時、12時の3回)は開館時間からの発券、

午後以降の各回は開始時間の3時間前からの発券です。(発券終了は各回開始時間20分後。)

なので、13時の回は10時から、14時の回は11時から、15時の回は12時からでないと発券されません。

ということは、

一番効率良く整理券をゲットするのには朝一番、科博開館時間の9時に並ぶ!

そうすれば、午前の回3回分、1回60名定員×3回=180名定員の中に入れればいいってことですもんね。

整理券は1枚で保護者・子どもあわせて最大6名まで入室が可能なので、最悪でも60人目までに並べれば、午前の回の整理券をゲットできるはず。すべての家族が6人分の整理券をとる訳ではないだろうから、もうちょっと余裕はありそうです。

しかし!「60人目まででいいなら9時過ぎに行っても大丈夫じゃない?」なんて思ったら大間違い!

休みの日の朝の科博前はコンパスの整理券目当ての長ーーーい行列が出来ています。60組なんてあっという間です。

保護者一人だけでもなるべく早めに行って並ぶのをオススメします。

 

整理券の配布場所は?

 

コンパスの整理券の発券機は地球館の1F入り口を入ってすぐのエスカレーター横にあります。

特別展の入り口は地球館なのですが、開館直後は特別展の入り口から常設展には入れません。

なので、開館直後9時に並んで入る場合は常設展の入り口から入ります。

国立科学博物館常設展の入り口は「日本館」にあります。日本館と発券機のある地球館は別の建物です。

常設展入り口からコンパス整理券発券機に行くには、

まず、日本館の入り口ゲートから入り、ずーっとまっすぐ進んでシアター360を左横に見ながらもっと進みます。自動ドアからいったん外へ出て右へ曲がって小さなエスカレーターを登ります。

そのまま外を進むと左手に地球館の入り口があります。

コンパスの整理券発券機は入り口を入ったすぐ左側にあります。係の人がいますので、すぐにわかると思います。

発券の方法なども係の人が教えてくれるので問題ありません。

 

コンパスを利用するのに料金はかかるの?

こんなに大人気のコンパス。

その人気の理由の一つが「無料」であること。

いや、有料にしても利用したい!という人はたくさんいると思います!それでもやっぱり無料というのはとってもありがたい。

国立科学博物館自体も高校生以下は無料なので、子連れファミリーにはとっても助かります。

ちなみに大人の入館料は620円です。こちらも良心的♪さすが国立です!

1年に2回以上利用する方は、リピーターズパスが断然お得!年会費1030円で何度でも科博に入館できます。

 

コンパスを利用には年齢などの制限があります!

コンパスはお子様と保護者の方が一緒に楽しむ展示室です。必ず一緒にご利用ください。

主な対象は4~6歳のお子様とその保護者の方ですが、0~12歳の方もご一緒に入室いただけます。

お子様だけのご利用、13歳以上の方だけでのご利用はお断りしています。
保護者の方1名につき、お子様は5名までご利用いただけます。
※保護者:同行のお子様の行動に責任を持つことができる方

国立科学博物館 コンパスHPより

 

そうなんです。コンパス、大人が入ってもとっても面白いんですが、大人だけでの利用は出来ないんです。

13歳以上だけでもダメなので、中学生もダメなんですね。

お子様による危険な行為(展示室で走るなど)が続く場合、ご退室いただくことがあります。

子どもたち楽しすぎて走り回ったりしてしまうんですよね。

しかし、走ったりすると係の人に注意されるので、親はちゃーんと見守っていましょう。係の人けっこう良く見てますよ!みんながたのしく利用するためですからね~。

整理券を無事にゲット出来たら、ゆっくり常設展をたのしみながらコンパス入室時間までたのしみましょう。

https://xn--o9jb9e709rllczq3b.com/%E4%B8%8A%E9%87%8E%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8%E3%81%AE%E8%A6%8B%E3%81%A9%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%A8%E5%8A%B9%E7%8E%87%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%9B%9E%E3%82%8A%E6%96%B9-960

まとめ

大人気の国立科学博物館の親と子のたんけんひろば「コンパス」は整理券がないと入室できません。

その整理券をゲットするのも大激戦。休みの日などはすぐに配布終了してしまいます。

コンパスの整理券をゲットするのに一番良いのは朝一番で並ぶこと。

日本館の入り口から地球館にあるコンパス整理券発券機までの道順も頭に入れて、整理券をゲットしてくださいね!

我が家の4歳7歳男子も「すっごいたのしかった!」と言って大喜びだったコンパス。整理券をゲットしてぜひたのしんでくださいね!

ミュージアムショップでしか手に入らないお土産も忘れずに!

恐竜好き男子が喜ぶ国立科学博物館で買えるお土産やレアグッズは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です