京王遊びの森ハグハグの場所と駐車場と行き方は?予約や持ち込みは出来る?

スポンサーリンク

東京都日野市にある多摩動物公園エリアに新たな子供向け屋内施設がオープン!2018年3月13日開業の全天候型遊戯施設の「京王あそびの森 HUGHUG<ハグハグ>」。周辺には「多摩動物園」のほかに「京王れーるランド」もあり、この3か所を合わせて「キッズパークたまどう」と呼ぶそうです。
親子で一日中遊んで楽しめるエリアになりそうですね。そこで今回は新施設「京王あそびの森 HUGHUG<ハグハグ>」の場所や行き方、施設の詳細情報をお伝えします。

【京王あそびの森ハグハグの場所と行き方は?駐車場はある?】

京王あそびの森ハグハグの場所は東京都日野市。

電車だと『京王線 多摩動物園駅』で下車してすぐのところにあります。

新宿からだと、京王線の直通電車か、高幡不動で乗り換えですね。

施設駐車場は50台のみなので、電車でのアクセスが便利そうですね。

幼稚園生オススメの春休み過ごし方は?外遊びに持っていくべきグッズ5選

【ハグハグの入館料は?定休日はある?】

入館料は
大人(中学生以上)は1日700円。
子供は(小学生以下)は30分600円で以降15分毎に200円加算されます。
ただし、平日は子供のみ1日フリーパスがあり、料金は1400円

1歳4ヶ月(16ヶ月)未満の子供は無料です。

フリーパスは混雑時に販売制限がかかることもあるそうです。
また、夏休みなど特定期間には平日でもフリーパスが販売されない場合もありますので、ご注意くださいね。

定休日は水曜日と年末年始(12月29日~翌年1月1日)です。

ハグハグってどんな遊び場?

この施設は、木製の遊具で心地よくのびのび遊べる・・・まるで森の中で探検しているかのような施設がコンセプト。

木製のおもちゃで頭と体を使って遊べる施設になっているようです。

2階建ての施設にはプレイゾーンが8か所あります。

大型のネット遊具は2階の「ハグハグのき」で遊べます。
高さ12m、幅15mの国内最大級のネット遊具です。
ネットの中にもチューブやバランスボールがあり、今までにない遊びが体験できそうです。

同じく2階にはミニSL「ハグハグトレイン」に乗車できる”くものえき”もあります。
1周200mの経路には鉄橋やトンネルなどもあり、子供たちも大満足できそうですね。

また、2階にある「おひめさまラボ(そらのひろば)」は知育スペース&休憩スペースになっています。
おもちゃを使って考えながら遊ぶエリア。
ワークショップも開催されるそうです。
子供がワークショップに参加している間、パパやママが休憩できるスペースもありますよ。

1階には幼児向けにプレイゾーン「きりかぶハウス」や乳児向けの「はいはいパーク」
その他、イベントスペースの「もりのひろば」では様々なイベント開催が予定されています。

体育スペース「もりのあそびば(屋内)」「ぼうけんのもり(屋外)」には体を動かして遊べる遊戯がたくさん。
ボールプールや大型複合遊具やターザンロープや丸太の平均台など活発な小学生も楽しめそうなプレイゾーンになっています。

【京王あそびの森ハグハグ 予約や持ち込みは出来る?】

今のところ、京王あそびの森ハグハグから入場券の予約についての情報はありません。
オープン後の来場者の状況で、何かしら発表されるかもしれませんね。

また、食事については館内1階に「HUGHUG Cafe(ハグハグカフェ)」があります。
食事の持ち込みについてはNGなどの記載はありませんが、施設マップを見る限り持ち込んだお弁当を堂々と広げられるスペースはないようです。
このあたりの詳細もオープン後にわかりそうですね。

コンビニ「ハグハグショップ」ではハグハグのオリジナルキャラクターグッズはもちろんのこと、
「多摩動物公園」にちなんだ動物グッズや「京王れーるランド」の電車グッズも購入できます。
カフェとコンビニは入場券なしでも利用できるそうです。

京王あそびの森ハグハグホームページはこちら

春休みに子どもとの公園ピクニックでママ友にも喜ばれるお役立ち持ち物6選

【まとめ】

2018年3月13日オープンの子供向け屋内施設「京王あそびの森ハグハグ」。アクセスは電車で京王線の利用がおすすめです。

もうすぐ春休み。元気いっぱいの子供と「多摩動物園」と「京王れーるランド」、そして「京王あそびの森ハグハグ」を合わせた「キッズパークたまどう」で一日中遊んで楽しみましょうね。

春休みの小学生にオススメの暇つぶしの外遊びは?大人の運動不足解消にも

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください