伊藤有希のヘルメットのメーカーはどこ?デザイナーは誰か調べてみた

スポンサーリンク

2018年冬季オリンピック平昌、メダルの期待が大きいのがスキージャンプ女子!伊藤有希選手は男子スキージャンプのレジェンド葛西紀明選手とは師弟関係。伊藤有希選手のヘルメットはチーム監督であるレジェンド葛西紀明からのプレゼントなんです。デザイナー力作のオリンピック仕様のニューデザインのヘルメット。こだわりのヘルメットメーカーとデザイナーを調べてみました!

2018年冬季平昌オリンピックでメダルが期待されるスキージャンプ

4年に1度の冬季オリンピック・平昌大会が2月9日から25日までの17日間、開催されます。

スキー・スノーボードやスケート、カーリングなど…注目したい競技が目白押しですが、
中でも1番盛り上がる・注目されているといっても過言ではないのがスキージャンプ!

男子ではレジェンド・葛西紀明選手が冬季五輪で最多となる8大会連続代表に決まったと話題になりました。
女子も、先日のW杯ジャンプ女子蔵王大会で団体優勝しており、メダルの期待がかかります。

女子団体の優勝メンバー4人のうち、高梨沙羅選手と共に個人でのメダル候補と期待されている注目選手が伊藤有希選手です。

【伊藤有希選手のプロフィール】

伊藤 有希(いとう ゆうき)選手は、1994年5月10日 北海道下川町出身の23歳


土屋ホーム所属。

2014年ソチオリンピック日本代表。2013年世界選手権混合団体金メダリスト。
2015年・2017年個人銀メダリスト、スキージャンプ・ワールドカップ女子5勝。

伊藤有希選手はスキー界のサラブレッド。

父方には、伊藤直人さんをはじめ、全国大会上位に入賞したジャンプ選手がいらっしゃり、

母方には実母の北嶋真智恵さんなどアルペンの全国大会上位入賞者が。

弟の伊藤将充さんもスキージャンプ選手。生粋のスキー一家に生まれ育っています。

4歳の時、父の伊藤克彦さんがコーチを務める下川ジャンプ少年団でスキージャンプを始めました。

2006年夏には日本最年少の小学6年生にして大倉山ジャンプ競技場(ラージヒル)を飛んで注目を集めたそうです。

流石スキーのサラブレッド!まだまだ若いのにかかわらず素晴らしい成績を残しています!

参考:Wikipedia

伊藤有希さんのオフィシャルサイト

団体で優勝したW杯蔵王大会では、個人で今季自己最高の2位に入りました。

前回のソチオリンピックでは7位入賞という成績でしたが、今季は特に調子が上がっているということで、さらに上位を狙えそうですね。伊藤選手の活躍が楽しみです。

【伊藤有希選手と葛西紀明選手との関係は?】

伊藤選手の所属しているクラブ・土屋ホーム。
この名前でピンとくる方もいらっしゃると思いますが、
レジェンド・葛西紀明さんが選手兼監督をつとめているスキークラブなんです!

土屋ホームスキークラブのサイト

伊藤選手は2013年に初の女子選手として入社しています。

葛西選手とは出身地も同じ北海道・下川町ということで、まさに‘最強師弟’!

対談で、オリンピックへの抱負を語っています。

葛西紀明と伊藤有希 ジャンプ「最強師弟」が語る五輪

2人の絆は強く、2015年の世界選手権で伊藤選手が銀メダルを獲得した際には葛西選手が嬉しさのあまり号泣したそう。

家族ぐるみの付き合いで、葛西選手の自宅にも度々招かれ、奥さんの手料理をご馳走になることもあるようです♪

素敵な師弟関係ですね。

オレンジのヘルメットはオリンピック仕様で葛西紀明からのプレゼント

優勝したW杯では、葛西選手から贈られたオレンジの新ヘルメットを着用して臨みました!

鮮やかなオレンジ色のヘルメット。オリンピックでも勝利を呼び込んでくれそうです!

こちらのヘルメット、伊藤選手も葛西選手と同じメーカーのものを使っています。そしてヘルメットデザイナーの人が一つ一つこだわりを持ってデザインとペイントをしている逸品なんです。

伊藤有希選手のオリンピック仕様ヘルメットのメーカーとデザイナーは?

次のページへ!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です