子供と一緒の新幹線での過ごし方とオススメの時間は?座席や持ち物はどうする?

スポンサーリンク

ゴールデンウィークや夏休みなどの長期休みに帰省や旅行で新幹線を利用するときにお母さんが一番気になるのが、「子供がおとなしくしていられるか?!」ですよね!今日は子供と一緒に新幹線で移動するときになるべくお母さんの負担を減らす、新幹線での過ごし方。座席、持ち物、時間配分などをご紹介します。

子供の新幹線乗車料金は何歳からかかるの?

新幹線の乗車料金は小学生からかかります。料金は大人の半額です。

これは普通にJRの電車に乗るときと同じですね。

ちなみに同じ6歳でも幼稚園生なら無料で、小学生になると子供料金です。

同様に、12歳でも小学生なら子供料金で中学生なら大人料金です。

わかりやすくていいですね!

未就学児は大人一人につき2名まで無料です。

 

小児(こども)は乗車券、特急券が大人料金の半額です。

新幹線の場合、自由席なら特急券が半額に、指定席なら指定席特急券が半額になります。

グリーン券には子供料金はありません。グリーン車やグランクラスを利用するときは大人と同じ料金を追加することになります。

 

 

子連れにオススメの車両と座席は?

もし可能であれば、指定席を確保しておくのがベストです。

特に混雑時期などに座席が取れなかった場合は本当にヘトヘトになりますから。。。(経験者は語る。。。)

あまり混雑しない時期や時間で、座席が確保できそうだったり、始発の駅で並べば席を取れるというのであれば、指定席でなくても大丈夫ですが、

とにかく、大人も子供も座れる分の座席を確保することが最優先です!

指定席をとる場合は子供の分の指定席も買いましょう!

長い新幹線の中ずっと膝の上に乗せておけるはずはありませんので。

 

そして、指定席でも自由席でも、車両を選べるのであれば、

トイレや多目的スペースの隣の車両がいいですね!

何と言っても子供の「おしっこ!」宣言から「もうがまんできない!」までの時間って本当に短いですから!

なんでもっと早く言わないのよ~と思いますが、毎度のことなのでこちらが準備をしておいた方が得策です。

 

座席はなるべくひろいスペースが取れるところがいいですね。

最前列だったら子供が前の座席をバンバンして迷惑かけるのを心配することもありません。

また、最後列は座席の後ろのスペースに荷物がおけるのでこちらもオススメ。

新幹線に乗る時間を選べるならこの時間帯がオススメ!

新幹線で移動する目的によっては到着時間が決まっていて時間を選べなかったりしますが、もし実家に帰るなどで時間を気にしなくてもいいのであれば、子連れ新幹線移動にオススメなのは、

お昼ご飯の時間帯です。

とにかく子供っって飽きっぽいですよね。そして飽きてくるとじっとしていられない!

子連れ新幹線でなるべく快適に過ごすには、子どもが飽きる時間をできるだけ短くすること。

とりあえず、何かをしている時間を長くすれば、何もしない時間が短くなりますよね!

そこでちょうどいいのが、新幹線の中で食事をすること

まぁ、外でのランチはこぼしたり、汚したりと色々落ち着かないこともありますが、子どもが飽き飽きして騒ぎ出すよりよっぽど気持ちが楽です。

うちの子どもたちは、いつもと違ったところでのランチはなんだかちょっと嬉しいようで、喜んで食べてくれます。

そして食べている間はおとなしいので、とっても助かります。

おやつもとっても効果的ですが、あっという間に食べ終わってしまいます。本当に!

ランチの方が長い時間持ちますね。

なので、新幹線に長時間乗るのであれば、ランチタイムを挟んで、車内で食事をとるのがオススメです。

 

新幹線の中で子供を飽きさせない遊びグッズは?

ランチやおやつで子どもの飽きる時間を短くすると言っても限界がありますよね。

そこで、用意しておきたいのが、遊びグッズです。

場所をとらずに遊べて、音の出ないものがピッタリです。

お絵かきグッズやシールブック、あやとりなどなど。

詳しくはこちらの記事で紹介していますので、参考にしてみてくだいね。

幼稚園児との海外旅行で飛行機内で子供が騒がず遊べるグッズは何?

我が家では子どもの遊びグッズは子供用リュックにまとめて入れて、本人に背負ってもらっています。

新幹線や飛行機に乗る前に「今日持っていきたいオモチャは自分でリュックに入れといて!」と言って用意させています。

とはいっても、子どもが用意すると「これは持ち運ぶには重たすぎるでしょ~」とか「何で同じものがこんなにいっぱい。。。」なんてことになるので、最終的には私がチェックして減らしたり増やしたりするんですけどね。

それでも、自分で用意した自分が遊ぶオモチャだからか、ちゃんと自分で背負って移動してくれるので、それはとっても助かっています。

遊びグッズ意外に長時間移動のときに用意してあると助かる持ち物はこちら

3歳6歳の子供と飛行機に乗るときに持っていた方がいい持ち物は?

 

たのしい旅行や帰省に付いてくる子連れでの長時間移動。事前の準備でできるだけ快適に過ごしたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です