幼児用機内食チャイルドミールの予約で子供と一緒の飛行機も安心

スポンサーリンク

子供と一緒の海外旅行。飛行機の中での機内食も海外旅行のたのしみの一つ。この機内食にお子様ランチならぬ、「チャイルドミール」という子供用の機内食があるのをご存知ですか?これがもうかわいくて、美味しくて、子供は大喜び!飛行機の中で子供が飽きずにたのしく機内食を食べてくれるので、大人も一安心。家族での海外旅行を飛行機の中から盛り上げてくれる、特別機内食「チャイルドミール」。予約の仕方から実際にどんな機内食が出たのかまで、詳しくレポートします!

1. 各航空会社に用意されている「特別機内食」

2. 子供用にはお子様ランチならぬ、「チャイルドミール」

3. どうやって予約するの?

4. ANA国際線のチャイルドミール リアルレポート

5. まとめ 国際線を利用するときは、特別食を利用するべし!

1. 各航空会社に用意されている「特別機内食」

国際線に乗ると飛行機の中で機内食が出されますよね。

普通、CAさんがやってきて、「ビーフにしますか?チキンにしますか?」なんて聞かれます。

だいたい「2種類から選ぶ」って感じですよね。

ところが!実はこの機内食、事前に予約しておけば、たくさんのバラエティあふれるメニューの中から好みのものを選ぶことができるんですよ!!!

特別機内食(スペシャルミール)
健康のための心配り、宗教的な約束事に留意した特別機内食を各種取り揃えております。
赤ちゃんや小さいお子様のための機内食やサービスなども遠慮なくご予約ください。

ANAホームページより

この特別機内食の本来の目的は、健康上や宗教上の理由で食べられないものがある人向けのメニューなのですが、これが結構種類が豊富で美味しそうなものがいっぱい!

特別な理由のない人でも誰でも注文することが出来るので、事前にメニューをチェックして、美味しそうなのがあったら予約しておくといいですよ。
ほとんどの航空会社がこの「特別機内食」を導入しているので、ご自分の搭乗する航空会社のホームページでチェックしてみてください。

ANA: https://www.ana.co.jp/international/departure/inflight/spmeal/

JAL:https://www.ana.co.jp/international/departure/inflight/spmeal/

シンガポール航空:https://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/flying-withus/dining/meals-for-young-passengers/

ルフトハンザ:http://www.lufthansa.com/jp/ja/Special-meals

2. 子供用にはお子様ランチならぬ、「チャイルドミール」

この特別機内食、もちろん子供向けのメニューもあって、主に

1歳までの赤ちゃん向けの離乳食
小さい子供向けのキッズメニュー
の2種類があります。

キッズメニューは2歳位までの幼児食2歳から12歳くらいまでのチャイルドミールとに別れている航空会社もありますね。
どの航空会社のチャイルドミールも子どもたちが喜びそうなものばかり!

顔の形にデコられたおにぎりやパンだったり、子供の好きなフルーツやゼリー、それにお菓子までついてきます。

飛行機に乗って、まずこの機内食が出てきたら、子供のテンションも上がりますよね!!!

実際、我が家の小学1年生と幼稚園年少の男子2人は、このチャイルドミールでめちゃくちゃ盛り上がっていましたよ!

言うまでもありませんが、もちろん完食です(笑)

3. どうやって予約するの?

チャイルドミールがいいのはわかった!

で、どうやったら機内食をこのチャイルドミールに変更することが出来るのか?!が知りたいですよね。

意外と簡単で、航空券の予約をするときに一緒にチャイルドミールの予約もできちゃいます。

航空券の予約もインターネットでする場合が多いと思うんですが、そのときに座席指定と同じように「特別機内食」を選ぶ項目があります。

その航空会社によって、ウェブの画面は違うと思うので、各航空会社でチェックしてみてくださいね。
もし、ウェブ画面でわからなければ、電話で問い合わせても対応してくれますよ

電話の方がラクだわ~という方は電話でどうぞ~。
ただ、機内食を特別機内食に変更したい場合は、ネットにしろ電話にしろ事前予約は忘れずに!

数に余分があれば、チェックインカウンターでお願いしても間に合うかもしれませんが、余裕がない場合は、断られるかも!

そんなことにならないためにも、事前予約は忘れずに!

4. ANA国際線のチャイルドミール リアルレポート

これは、2016年に羽田からフィリピンマニラに行ったときのANAのチャイルドミールです。

(このときはその後マニラからボラカイ島というビーチリゾートに飛びました)


行きの便

届いた機内食のフタを開けたらこれですよ!

子供のテンションめちゃくちゃあがりましたよ、そりゃ。

「お母さん!顔の形してる!ゼリーもお菓子もあるーーーーー!」

ほー、それはよかった、よかった(*^^*)

母はこれで一安心です。

チャイルドミールなどの特別機内食は普通の機内食よりも先に運ばれてきます。

これが子連れにはとっても助かるんですよね。
他の人から配られていたりすると、「お腹すいたー!僕も早く食べたい!」ってなるし、

食事を食べるのにも時間がかかるので、なかなか片付けられない。。。

そんな感じなので、早めに持ってきてもらえるのは、ありがたいですね。
チャイルドミールは見た目がかわいいのはもちろん、子供でもたべやすいように食材や大きさが工夫されているので、親があまり手伝わなくても子供ひとりで食べられるんですよね。

エコノミーの座席はとっても狭いので、あんまり手出ししていると、色んな所にぶつかって、落としたり、こぼしたり。。。

だから、いちいち食べるのを手伝わなくていいというのはとっても助かります。


帰りの便

こちらも子供の好きなものばかりです!
すごくよく考えられているな~って感じがしますよね。
この、テンションアップする幼児用機内食を食べている間は、子どもたちはとってもご機嫌に静かにしていてくれるので、

子連れ飛行機最大の難関、「子供が機内で静かにしていられるか?!」という心配をせずに親は過ごせます。

本当に助かるわ~。

子連れ海外旅行を成功させるための方法を他にもご紹介しているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

幼稚園児子連れ海外旅行で飛行機機内を快適に過ごす方法は?事前予約も可能?

5. まとめ 国際線を利用するときは、特別食を利用するべし

子供と一緒に海外旅行へ行きたい!と考えたときに、一番最初に頭に浮かぶのが、

「長時間の飛行機の中で、子供が静かにしていられるか?!」

ですよね?
国際線の機内食を「チャイルドミール」にするだけで、その心配をする時間を減らすことができます。

何よりも、子どもたちが長い飛行機の時間を少しでもたのしく過ごすことが出来るので、親はとっても助かります。

飛行機の中で快適に過ごすのも旅のたのしみの一つ♪

利用できるサービスは最大限に活用して、快適な旅をたのしみたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です