幼稚園選びに英語学習は必要?プログラム内容と卒園後の英会話力効果は?

スポンサーリンク

子供の幼稚園を選ぶときに英語学習プログラムの有無で検討するお母さんも多いと思います。幼稚園の英語プログラムはどんなものなのか?幼稚園で英語を学ぶと英会話は上達するのか?卒園後の英語力への効果は?実際に本格的な英語プログラムを採用している幼稚園に息子を通わせた母が、幼稚園での英語への取り組みと卒園後の現在小学校4年生になっての子供の英語力について、リアルな体験談をお届けします。

幼児期からの英語教育は必要?

幼少期からの英語教育に関しては、教育の専門家でも賛否両論ありますよね。

母国語もままならないのに英語なんて早すぎるとか、幼児期から英語教育を与えても東大には行けないとか。

さまざまな否定的意見もあります。

一方で、耳のよい幼少期から英語に触れておいた方が正しい発音を身に付く。英語への抵抗感がなくなるなど肯定的な意見もあります。

このような話を聞くと、自分の子供の英語教育はいつから始めればいいの?って迷いますよね。

私は幼少期から英語に触れること、英語の教育を受けることに肯定的な意見を持つ親の一人です。

今回は、我が子が実際に利用している幼稚園の英語プログラムとその効果を実際の体験談を交えてお伝えします。

 

自分の受けた英語教育では英語はしゃべれない!

私自身が受けてきた英語教育は試験対策としての英語でした。決して、話せるようになる英語教育ではなかったと感じています。

英語の点数は良かったんです。話せるようになりたくて、英会話教室にも通った時期がありました。

でも、外国人の方から話しかけられると緊張します。知っているはずの単語や会話に使える文章も自然には出てきません。

もともと人見知りする性格の私。日本人でも初対面の方だと緊張するのに、言葉が通じるか不安な外国人が目の前にきたら話せるわけないんです。

もし、こんな私でも小さいうちから外国の方とふれあっていたら、少し違っていたかもしれません。

でも、子供だった私がその環境を作り出すことは出来ませんよね。

 

保育園から転園して英語教育のある幼稚園へ!

そんな自分の反省点から、我が子は幼稚園年中から幼稚園の英語プログラムを利用しています

私が息子の幼稚園選びをするときにこだわったのが、「英語教育がある」という条件でした。

市内に英語プログラムを取り入れている幼稚園は他にはありませんでしたので、英語教育について他の園と比較することはできませんでしたが、園の雰囲気とサービスやサポート体制が充実している点が気に入りました。

もともとフルタイムで会社勤めしていたので、長男は1歳過ぎから保育園に通っていました。

でも、どうしても英語教育をスタートさせたくて。3歳で保育園を退所し、その春から幼稚園に入園しました。

この時点で、私の英語教育への熱い思いが伝わりそうですね。(笑)

幼稚園の英語プログラムってどんなもの?

我が子が通う幼稚園の英語プログラムは「Grape seed」という会社の英語プログラムです。

英語の先生はネイティブの方ばかりで、英語脳を育てていくことがメインです。

英語脳って??と思われますよね。

日本人として育った私たちは、英語を理解する時に頭の中で「日本語⇔英語」の変換をしていると思います。

英語脳はこの「日本語⇔英語」の変換をしません。英語を英語のまま理解できる脳ということです。

この説明を聞いた時に「私が求めているのはこれだ!」って思いましたね。

幼稚園で行う英語プログラムなので、授業は保育中に行います。ですから、一般の英会話スクールに通うより、親はラクです。

年中さんは1日40分の授業を毎日続けます。授業は歌やおどり、お話しを交えて楽しく英語に触れていきます。

授業の復習教材がレベルに応じて定期的に配布されます。家庭でも30分ほどその復習教材を使って、毎日英語の時間を作ります。

復習教材はテキストとテキストの内容と同じCD、それとDVDです。

年長さんになると「1日40分×2授業」の英語クラスと「1日40分の授業」の2つのクラスから選べます。

我が子は「1日40分×2授業」の英語クラスを選択しました。英語クラスでは日本人の先生1名とネイティブの英語の先生1名が担任になります。

ですから、英語の授業以外の日常の保育や遠足、運動会の練習でも常にネイティブの先生がそばにいます。

授業以外の通常保育でも英語で会話してくれるのです。

この環境は個人では作り出すのはかなり難しいですよね。

 

子供の脳はスポンジのよう!

小さなことからコツコツと継続は力なりです。

子供のスポンジのような吸収能力でどんどん英語脳が作られます。どちらのクラスを選択しても、年長さんになるとネイティブの発音が身についてきます。

また、ネイティブの先生が英語で工作などの手順を説明することもあります。

子供たちがきちんと理解して作業している様子を見ると、聞き取りもできていることがわかります。

このように、継続することで毎日の英語プログラムによる効果を日々実感できるようになってきます。

 

夏休みや冬休みはどうするの?

ここで、夏休みなどの長期休暇の時はどうするの?って思われた方もいますよね。

冬休みや春休みは休暇日数が短いため、家庭での学習のみになります

夏休みは通常の保育はお休みになりますが、英語の授業だけはあります。

毎日ではないのですが、クラスによって英語学習に必要な時間数の授業日程が組まれ、そこに合わせて通うことになります。

幼稚園バスは運休のため、親が送迎することになるのです。この夏休みの授業が親にとっては慣れるまでしんどいです。。。

授業が1時間で終わってしまうときもあります。真夏の強い日差しの中、たった1時間ために送迎するんですから・・・。

とは言うものの、何も予定がなく、ぼーっと毎日過ごすことを考えれば、メリハリがあっていいかなって思ってます。

子供もお友達や先生に会えてうれしそう。時間が合えば、同じクラスのママ友たちとそのまま子連れランチしたり。

ちなみにこの幼稚園には延長保育や預かり保育が設定されているので、共働きのご家庭でも通わせることができます。

 

【この英語プログラムは卒園後の小学生以上も続きます!】

この幼稚園の英語プログラムで話せるようになるには、卒園後も小学校6年生まで続けることが条件です。

12歳まで続ければ、培った英語力が一生モノになるんです。

幼稚園の2年間、英語浸けの毎日を過ごしても、途中でやめてしまうとあっという間に忘れてしまいます。

実際に私が近所に住んでいたアメリカ人ファミリーのママからこんな話を聞きました。

ちなみに、ママは日本人です。

そのファミリーの子供たちは日本に来た当初、日本語はほとんどわからず、英語で会話していました。

でも半年ほど日本の小学校や幼稚園に通うと、日本語がとても上手になっていたのです。

そのかわり、英語を忘れていきました・・・。

上の子は当時小学校2年生でしたから、パパとの英語での会話で、なんとか英語力をキープできましたが、下の子は幼稚園児だったため、パパの話す英語はなんとなく理解できるものの、自分では英語を話せなくなったそうです。

そんな話も近所で聞いていたので、幼稚園のプログラムが小学校6年生まで続けることは必要なことだと納得できました。

現在は、中学生クラスも設定されて、さらに継続が可能になりました。

 

次のページでは、小学生になってからの英語への意欲の変化と実際英語力に効果があったのか?!をご紹介しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です