母になる最終回ネタバレ感想!広とナウ先輩の復讐とは?

スポンサーリンク

日本テレビ系水曜夜9時から放送のドラマ「母になる」とうとう最終回です!石川に行ってしまう麻子と結衣、2人の母親の関係はどうなるのか?莉沙子は仕事と家庭どちらかを選ぶことになるのか?広の恋の行方にまさかの展開?そして柏崎家はどうなっていくのでしょう?

麻子が去った後の柏崎家

麻子の乗ったバスが発車した直後、結衣は走って麻子を呼びましたが、そのままバスは行ってしまいました。

先週の終わり方から、バスには間に合わないだろうけど何かの奇跡で麻子が気付いたりする?

なんて思ったりもしたけど、それは無かったね。笑

その夜、結衣と陽一は、広の小さい頃の思い出を話すのでした。

そして東京を去った麻子の事を2人は話します。

広が麻子に最後だからね、って言ったのは、自分にも言い聞かせてたのかもしれないね。

翌朝の、新しいシューズの中に大きくガンバレって字は、確かに年頃の男の子は嫌だよ!笑

麻子は、石川でカウンセリングを受ける事にしたようでした。

過去の事を思い返して自分というものを自覚し、自分は母親なんかではなかったんだ、と思い始めていました。

母になるってどういう事ですか?と麻子が石川から木野へ送った手紙で、

やっと麻子が自分のトラウマである過去と向き合えたというのが感じられました。

このまま少しずつ、”普通”を手に入れられるといいね。

莉沙子は仕事の事を家族に言える?

ある日結衣の家に来た莉沙子は、ワールドツアーの仕事を断った事、それを家族に言えないでいる事を相談します。

このままでは良くないと思いながらも、祝福してくれた家族に言えず、仕事も代わりの人が決まり、どうして良いのか分からないのでした。

あんなに嬉しそうにクラッカーとケーキでお祝いされたら確かに良いにくいよね、、笑

一方繭は、莉沙子の行くはずだったツアーに、別の人がヘアメイクとしている事に気付き、会社に直談判に行く事を決めます。

結衣と莉沙子、広は莉沙子の職場で母をワールドツアーへ連れて行って欲しいと頼み込む繭を見付けます。

そして、もういいんだよ、と言う莉沙子に、自分は大丈夫だから、大好きな仕事をして欲しいと言う繭に、広は強がるなよ。と言葉をかけます。

すると繭は、今まで溜め込んでいたものが溢れたように泣き出し、莉沙子に抱き付くのでした。

繭もやっぱり寂しかったんだね、、。

莉沙子が仕事を頑張ってて、好きなのも理解してるから、大丈夫って言ったのも嘘ではないと思う。

だけどしっかり者に見える繭だって13歳の子供だもんね。お母さんが側にいてくれたら嬉しいよね!涙

帰宅した莉沙子は、太治に母親業を辞めないと話しました。繭も自分にとって良い母なら良いのだ、と言いました。

そして莉沙子は、どんな時でも繭を優先、そして仕事はセーブしつつ続けると決めました。

母親のあり方は子供の数だけあるって事だよね。

莉沙子はセーブしつつ仕事をして、繭もそれを望んでいるんだもんね!

莉沙子と太治が、小さい頃から母の日に描いてきた絵を見てるのは和やかですごく良かったなぁ。。!

ついにマラソン大会!広大丈夫?

ある日結衣は、やっぱり麻子の事を簡単には忘れられないと陽一に打ち明けます。

そんな結衣に、広がお母さんて2人いちゃいけないのかな、と言っていた事を陽一は話しました。

話してくれてありがとうと言う結衣は、マラソン大会のお知らせを麻子へと送ってしまいます。

麻子に対して結衣が抱く負の感情は、当たり前のものなんだよねきっと。

でも、子供の事を1番に考えたら何が正しいのかなぁ。。

石川の旅館で働く麻子は、過去の麻子の事を知った周りの人の意見で旅館を出る事になってしまいます。

そこへ、今までの給料と共に結衣からの手紙が渡されます。

旅館みたいに、1日のうちのほとんどの時間を共にしてるような職場だと余計に人の過去とかは気にされちゃうんだろうな。。

もっと人に関わらない仕事ならそんな事は無いだろうけど、麻子にはお客さんじゃなくても人と接する仕事のほうが良さそうだね。。

違う職場でも、石川には留まるのかな?

広は桃に会った時に、マラソン大会に来る?と話しかけます。

すると桃は、その日は彼氏と会うからと言いました。

広、ショック!

そして、マラソン大会にも誰にも来るなと言います。

その夜、緊急家族会議を開いた結衣たち。

そこで広の事は反抗期、マラソン大会は行かないと決まりました。

桃には京都にいる年上の彼氏がいたのね!笑

告白したわけじゃないけど、広は失恋しちゃったね、、。

彼氏がいるった知った後の広の態度が切ないけど可愛らしい。。笑

その後、結衣は木野に、マラソン大会の手紙を麻子に送ったと話します。

そこで広が、母親が2人いるのはだめなのかと言っていた事も言いました。

他に生みの親と育ての親がいてうまくいっている子もいるが、結衣の場合は無理だと言う木野。

そして結衣は自信を持つべき、母親は結衣なのだと続けるのでした。

木野の言う事も職業柄正しいのかもしれないけど、なんだかなぁ~。

確かに出会いもきっかけも最悪だったかもしれないけど、どうしてこれからも悪い関係のままだなんて言えるんだろう。ちょっと言い方がもやもやする感じ、、。

 

ゴール近く、結衣は広が見えると、手をふり広の名前を呼びます。

それを麻子は、陰から見ていたのでした。

ゴールした後に結衣と話していた広は、麻子を見付けます。

広が教室へ戻って行った後、麻子は、結衣にどうしてマラソン大会の手紙を送って来たのかと尋ねました。

結衣と話してる広は普通に自然に親子だったね!

最後に、じゃ!て手を上げて麻子に挨拶したのも、結衣とは違う関係だけど親子って感じに思えたなぁ。

2人の前での広はそれぞれ違って、でもそれはそれぞれと過ごしてきた生活の違いなんだろうなぁ、、!

 

2人の母親はどうなる?

結衣は新しい仕事はどうか、と麻子に話しかけます。

それに答え、麻子はマラソン大会のお知らせをありがとうと言います。

麻子の言葉に、まだ許しはいない。だけどいつかは優さなければならいと思っている、自分はまだ母になる途中なのだと言いました。

広にお母さんは2人いちゃいけないのかなと問われても、笑って肯定できる母親になりたい。

それが広の幸せに繋がり、いつかそれが出来るようになったら、広と会いに行くと告げます。

最初の頃の、麻子に対する結衣の考えや言動には共感出来ない事も多かったんだけど、いつか広と一緒に麻子に会いに行くって言ったのは、すごく自然な気持ちで見ていられたし良かったと思う。

最後に、1つだけお礼を言うとしたら、何気ない日常を過ごせる事がどれだけ幸せか、麻子に奪われた9年がなければ分からなかった。ありがとうと言い、結衣は歩いて行きます。

ん~。さっきの会いに行くって言った所はすごく良かったのに。

最後にって、何気ない日常の大切さに気付かせてくれてありがとうじゃだめだったのかな?

わざわざ、あなたに奪われた、って言わなくても良かった気がする。

結構強い口調だったし、一生麻子を許さない、って言ってるみたいだった。。。

その日の夜、柏崎家で広たちと里恵、琴音が花火をしてて、家族がみんな揃って笑ってるのはすごく良いなって思ったなぁ。

その後の莉沙子は朝慌ただしく母親業をしてて、でも生き生きしてる感じだったのも微笑ましい!

 

広とナウ先輩の復讐とは?

木野は寛太郎のお墓参りの後、広となうに言われていつも持ってた110円を自動販売機で使ってしまったけど、きっとそれで良かったんだと思う。

木野が広となうの復讐するって言葉に驚いてたけど、見ているこちらも驚いたよね。笑

でも、誰よりも幸せになるのが復讐って、なんて良い子たちなんだ。。!涙

ドラマの最後は、同じ格好で昼寝してしまう広と陽一を、耳元で叫んで起こす結衣、という何でもない日常で終わったね。

何気ない日常が3人の1番は幸せって感じで良かった!

きっとこれからも家族としての生活が続いてくんだなって思えたよ!

母親とは何か、って模索する事はずっと続くと思うし、それぞれの母親としての考えとか、それぞれの子供が思う母親があるんだよね。

他人の思う母親像に当てはまらなくても、間違いじゃないんだって思ったなぁ。

家族にとって幸せであるなら、母親として間違ってはいないのかもね。

そんな風に考えさせられたドラマでした!

母になる第9話ネタバレ感想!見どころは道枝駿佑と藤木直人の入浴シーン?

母になる第8話ネタバレ感想!木野役中島裕翔の涙の演技で視聴率回復!

母になる第7話ネタバレ感想!沢尻エリカ演じる結衣の上から目線にバトル勃発!

ドラマクライシス第8話ネタバレ感想!ノーカット長回しのアクションシーンは何分あった?

ドラマリバース第8話ネタバレ感想!てんとう虫のキーホルダーの謎は?

緊急取調室2【キントリ】7話ネタバレ感想!天海祐希と田中美奈子はどっちが年上?

ひよっこ6月2日ネタバレ感想! 松下さん必死の説得と最後のおじぎに泣いた!

ひよっこ5月19日第41話三男がプロポーズした噴水公園のロケ地は?あらすじとネタバレ感想!

ひよっこ6月5日ネタバレ感想!秋田の巨大かりんとうはどこで買える?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です