海の中道海浜公園イルミネーション2017を赤ちゃん子連れで楽しむ方法は?

スポンサーリンク

福岡市でイチオシのクリスマスイルミネーションと言えば東区の海の中道海浜公園の『うみなかクリスマスキャンドルナイト』!2017年3日間のみのキャンドルナイトを小さい子供や赤ちゃん連れでもたのしめる方法と、子連れに優しい施設や子連れで行く時の要注意ポイントなどをご紹介します!これをおさえれば子連れでもイルミネーションをたのしめちゃいます!

いよいよやってきました、この季節!そう、クリスマス。

イルミネーションで街がキラキラしてくるこの時期は心もウキウキ。

でも子供が生まれてから、そんなウキウキ気分の場所からも足が遠のいてしまうもの・・・。

そんなママたちがファミリーでも楽しめるクリスマスのイルミネーションでおすすめのスポットの一つが、最近話題の海の中道海浜公園のイルミネーションです。

カップルのデートスポットとしてももちろんですが、ファミリーにはぜひぜひ知っていてほしいスポットです。

今回はそんな『うみなかクリスマスキャンドルナイト』が赤ちゃん・子連れでも楽しめる方法をご紹介します。

 

「うみなかクリスマスキャンドルナイト」の評判は?

クリスマスのイルミネーションは電飾が当たり前だと思っていませんか?いいや、違うんです。

海の中道海浜公園で開催される『うみなかクリスマスキャンドルナイト』は1万本のキャンドルによって地上絵を描く暖かくて優しい光のイルミネーションなんですよ!

その地上絵は毎年公募で選ばれるので、どんな絵になるのかも当日会場で見るまでのお楽しみです。

そして、期間中は5分間で約300発の花火が打ちあがり、キャンドルとのコラボが来場者達をひと際感動させると大評判。

人工的な光とはまた違って、家族で優しさに包まれた~!と子連れの評判はとってもいいです

地上絵を描くキャンドルにはメッセージや絵などが描かれているのですが、これを作る体験もあるそうです。

これとは別のオリジナルキャンドルを作る体験なども好評だそうです。

 

海の中道海浜公園『うみなかクリスマスキャンドルナイト』詳細はこちら

●開催日
2017年12月23日〜2017年12月25日

●開催時間
17時30分~21時30分(最終入園は21時まで)

●開催場所
野外劇場及びワンダーワールド

●参加費
17時30分以降の入園料
大人(15歳以上)290円、小人50円、シルバー(65歳以上)210円、小学生未満無料

●備考
荒天中止

子連れでもゆっくり見られる?

12/23.24.25の三日間しか開催されないので、混雑してイルミネーションをゆっくり見られるの?と心配になるママもいると思います。

大丈夫です。安心してください!

人はたくさんですが、会場がとっても広いのでごみごみして見られないということはありません。

街中のイルミネーションを見にいくときのようにベビーカーをひいて回ることも困難にならず、ストレスもたまりにくいはず!

 

海の中道海浜公園の赤ちゃんのための施設

海の中道海浜公園は国営公園だけあって授乳室スペースやおむつ替えができるスペース等の設備も豊富です。
ベビーカーも園内への入り口各所にてレンタル可能です。

●授乳室・おむつ替えスペース

福岡市が推奨している赤ちゃんの駅という、授乳・おむつ替え等ができるスペースが園内に6箇所あります。

授乳室は、女性専用となっていて、安心して利用できますよ。お湯が必要な方は、各入口管理棟、売店でもらえます。
※ただし、森の家ではもらえません。

おむつ替えの台が一緒においていないところは、近くのトイレにおむつ台が設置してあります。

おむつ台設置箇所
・インフォメーション(ワンダーワールド内)
・子供の広場管理棟
・大芝生広場レストハウス
・動物の森レストハウス
・西口管理棟
・森の家

上記の中でイルミネーション会場に近いのはインフォメーション(ワンダーワールド内)と子供の広場管理棟ですが、

当日は混雑することがあるので他の場所もマップにて事前に確認しておいたほうがよさそうです。

●紙おむつ・ベビーフードの販売

大芝生広場レストハウスと動物の森レストハウス内の売店では、紙おむつやベビーフードの販売があります。

●ベビーカーの無料貸出

ベビーカーは二種類あり、生後2か月~満2歳までの子どもを寝かせた状態で使えるタイプのものと生後7か月~満2歳までの1人でお座りできる子が使うタイプです。

※予約はできません。
※台数には限りがあります(合計50台)のでご希望の方はお早めにいくことをおすすめします。

 

子連れでたのしむための要注意ポイント!

子連れでいくにはとってもいいイベントですが、うみなかクリスマスキャンドルナイトをより楽しむために口コミなどから知っておいたほうがいい情報をお届けします。

 

要注意!駐車場や渋滞がすごい!

3日間のイベントにたくさんの人が押し寄せます。

園内は広くてゆったり見られますが、会場付近の駐車場や、行き帰りの渋滞は逃れられないようです。

会場からちょっと離れた駐車場を選んでシャトルバスで移動したり、

イベント終了より少し早く退散して渋滞を逃れるなど、余裕をもって行動したほうがよさそうです。

早めに公園について、イベントまでの間アスレチックで遊ばせたり動物と触れ合ったり、お花をみながら散策したり・・・

楽しみ方はたっくさんあります。

付近は一本道なので何キロもの渋滞ができて帰りはなかなか動けないようなので、小さな子連れだとトイレも早めに済ませておいたほうがよいと思います。

駐車場:全3100台 普通車520円/1日

 

海風が冷たくて、とにかく寒い!防寒対策必須!

イルミネーションや花火ととにかく楽しいイベントが満載ですが、海の中道海浜公園は海沿いなので真冬はとくに寒さが厳しいようです。

場所取りして花火を待っている間に体がキンキンに冷たくなってそれどころじゃなかった・・・という話もあったので、寒さ対策はしっかりしたほうがよさそうです。

これでもか!っていうくらい子供には防寒着をもっていってくださいね。

 

キャンドルと花火のおすすめスポットは?!

一万本のキャンドルで描く地上絵、せっかくだから全体像を見たい!という方には園内の「子供のとりで」がおすすめだそう。

全体像を見なくても十分にイルミネーションのいい雰囲気は味わえるそうですが、気になる方はぜひ。

 

どうでしたか?

赤ちゃん・子連れのファミリーもしっかり情報収集して、イルミネーションを楽しんでくださいね。
以上、海の中道海浜公園のクリスマスイルミネーションは赤ちゃん子連れでもたのしめるのか?を調べてみました!

子連れ赤ちゃんでも大丈夫な嬉野霧島阿蘇温泉の体験談!家族風呂や部屋食も

九州で子供が喜ぶクリスマスイルミネーション2017!期間はいつまで?

海の中道海浜公園イルミネーション2017を赤ちゃん子連れで楽しむ方法は?

ハウステンボスの2017イルミネーション光の王国は赤ちゃん子連れでも楽しめる?

福岡子連れ日帰り温泉旅行!赤ちゃん安心貸切家族風呂の宗像王丸やまつばさ

福岡市で子どもに安全な無農薬有機野菜やオーガニック食材が買える店は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です