監獄のお姫さま5話ネタバレ感想!しのぶを裏切る母親役の女優は誰?

スポンサーリンク

TBS系で火曜夜9時から放送中の「監獄のお姫さま」第5話ネタバレ感想!無事勇介を出産したしのぶ(夏帆)は子供を実の母親に託すことに決めます。そこで面会に現れた実母がとっても怪しい!信用できない感じ満載。この女優さんよく見かけるけど。。。

監獄のお姫さま第5話ネタバレあらすじ

 

・現在

馬場カヨ(小泉今日子)たちは、板橋吾郎(伊勢谷友介)に裁判やり直しの文面を読ませ、その動画をネットに配信させます。

・過去2012年女子刑務所

しのぶ(夏帆)は無事出産し、息子の勇介を連れて刑務所に帰ってきました。所内でおばさんたちは協力し、みんなで勇介のお世話をします。

しのぶは自分の母親に勇介を引き取りに来てもらうよう頼みましたが、迎えに来た車から吾郎もおりてきて、勇介は吾郎に連れていかれてしまいました。吾郎にだけは勇介を渡したくなかったのに…。

 

獄中での子育て

今回いよいよ獄中での子育てが始まりましたね。それぞれのおばちゃんたちの母性溢れる子育て感動しました。

クールな先生(満島ひかり)も、獄中のおばさん達と赤ん坊にだんだん心がほぐれていくのが感じ取れました。

立場上業務を全うしないといけないから毅然としておかなければいけないのでしょうが、やはり赤ん坊を目の前にしたら、情がわいてきて人間らしい感情が芽生えてきてしまうものですよね。

それを母性というのでしょうか。今回のテーマですね。

インスタのコメントに、「子供の寝かしつけでリアルタイムで見れない」というコメントがありましたが、そういう子育て世代のママもたくさんこのドラマをみているのだろうなとほっこりしました。

ラストの親子の別れのシーンで勇介が吾郎に連れていかれるところで泣いた人多いのではないでしょうか。

私は号泣でした。。。

ママーって泣かれたらこっちが泣いちゃいますよね。ただでさえ別れはつらいのに、なんであの男に連れていかれるわけ?です。

何かの子育てコラムのようなもので、本人に記憶はないのに、赤ちゃんの頃過ごした時間のことを覚えているのは大人だけ。

まるで幻のような魔法のような不思議な時間。

そんなことを思いながら子育てしていると赤ん坊と過ごす時間て本当に尊いものだなと感じます。

 

裏切り者!しのぶの母親役を演じている女優は誰?

 

そう!

本当に登場しただけで、「怪しい。。。」「信用できない。。。」という雰囲気をプンプン匂わせることの出来る名女優さんは、

筒井真理子さん!

 

筒井真理子さんプロフィール

筒井真理子 (つつい・まりこ)
山梨県甲府市出身 10月13日生まれ
身長162cm AB型

1982年早稲田大学在学中に、第三舞台に在籍し初舞台を踏む。
その後、映画、テレビドラマ、CMと活躍の場を広げている。
学生時代にフルート演奏、フィギュアスケート競技を経験している。
趣味は読書、映画鑑賞、観劇。

事務所公式サイトより

 

最近の主な出演作品

テレビ

17年TV東京『デッドストック-未知への挑戦-』第2話より出演
17年TV朝日『刑事7人 第2話』
17年日本TV『母になる 第6話』
17年TV東京・Netflix『100万円の女たち』
17年フジTV『世にも奇妙な物語’17春の特別編』『夢男』に出演
17年TV朝日『警視庁捜査一課9係 第2話』

16年TV朝日『科捜研の女 春のスペシャル』
16年TV朝日『土曜ワイド劇場 タクシードライバーの推理日誌』

15年NHK BSプレミアム『BS時代劇 一路 第4話』
15年NHK総合『木曜時代劇 まんまこと 第4話』
15年フジTV『リスクの神様 第6話』
15年TV東京『水曜ミステリー9 刑事の証明9』
15年NHK-BS『だから荒野』

映画

17年『身体を売ったらサヨウナラ』監督:内田英治
17年『めがみさま』監督:宮岡太郎
17年『3月のライオン 前編』監督:大友啓史
17年『ANTIPORNO』監督:園子温
16年『淵に立つ』監督:深田晃司
15年『Love Of Love』監督:園子温
15年『みんな!エスパーだよ!』監督:園子温
15年『家族ごっこ』監督:内田英治・木下半太
15年『かぐらめ』監督:奥秋泰男
14年『ニート・オブ・ザ・デッド』監督・脚本;南木顕生
14年『いのちのコール ~ミセス インガを知っていますか~』監督:蛯原やすゆき

事務所公式サイトより

 

確かに!よく2時間ドラマや連ドラのゲスト出演などでお見かけしますよね。

良く見る女優さんなんだけど、名前がわからない。。。。と思っていませんでしたか?

「筒井真理子さん」です!

 

 

第5話の印象的なセリフ

今回は涙涙の感動の回でしたが、いつものように笑えるポイントも満載でした。

財テクさん(菅野美穂)の「はげちらかしてればいいのよ。」は吹き出しました。

一番好きだったのは先生が馬場カヨが美容資格取得の受講を希望したときに

「ぶっちぎりで最年長だけど」といい、「誰かのしい姉ちゃんに私もなります。」と答えたところです。

年をとると何となく周りの子が若い子だらけみたいな環境になることありますよね。でも素直に一生懸命、余裕もってこんな場で受け答えできると素敵だなって思いました。

 

【気になる来週は】

勇介ロスで悲しむ馬場カヨ達。傷ついたしのぶもどうなるのでしょうか。

なぜ勇介は吾郎と晴美(乙葉)の子として育てられているのか。

個人的に検事の長谷川(塚本高史)と馬場カヨとの間に恋は発展しないのか気になります(笑)

あびる優さん、前川清さんの役どころも物語とどう絡んでいくのか。なんだか笑わせてくれそうな予感がしますね。

次回が楽しみすぎて待ちきれません。

監獄のお姫さまネタバレ感想!満島ひかり先生の壁ドン愚鈍と合コンのギャップがすごい!

陸王ネタバレ感想!メガネの女性教師役は芸人で高校ロケ地は母校?

ドクターXネタバレ感想!西田敏行演じる院長が副部長に言うそんたくの意味は?

コウノドリ5話ネタバレ感想!七村ひかる役魔裟斗の妻矢沢心は不妊治療で母に

奥様は取り扱い注意7話小野寺友恵役霧島れいかの年齢は?旦那はいる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です