節分2018の恵方の方角はどっち?由来の宗教と名前の意味は?

スポンサーリンク

お正月七草も終わって次のイベントは節分!2018年の節分は何日?恵方の方角はどちら?そもそも「節分」行事の由来って何?神道なの?仏教なの?実は知っているようで知らない「節分」について詳しく調べてみました!

【2018年節分の日はいつで恵方の方角は?】

お正月が終わると次のイベントは節分ですね。

今年2018年の節分の日は2月3日土曜日です!ちょうど土曜日なのでイベントがしやすいですね!

恵方は南南東やや右、戊(つちのえいぬ)となっています。

意外と知らなかった節分について調べてみましたので、是非参考にしてみてくださいね。

【節分行事の由来は?】

節分とは「雑節(ざっせつ)」のひとつで、それぞれの季節の始まりの日の前日を指します。
ちなみに雑節(ざっせつ)とは、季節の移り変わりの目安となる日のことです。

旧暦では立春が元旦のため、節分は現在の大晦日に当たる日です。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生まれると考えられてていたので、その鬼を祓うために「追儺(ついな)」という宮中行事が行われていました。

「追儺(ついな)」は鬼払いとも呼ばれていて、その行事のうちの「豆打ち」が豆まきのルーツと言われています。

では、鬼に投げつけるのはどうして豆なのでしょうか?
それには3つの説があるようです。

・豆などの穀物には魔よけの力があると考えられていた
・鞍馬山の鬼が都を荒らしたときに、炒り豆で鬼の目をつぶしたという故事に由来している
・魔目(豆)を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」という語呂合わせ

退治する鬼は暗くなってから現れるため、豆まきは夜行うという地域が多いようです。

参考:ウィキペディア

【恵方巻の由来】

豆まきと同様に、最近では全国で行われている節分行事と言えば、恵方巻です。

節分の夜に、恵方に向かって太巻き寿司を丸かぶりするという風習です。

恵方巻を食べるときは、以下の点に注意してみてください。

①恵方(2018年は南南東やや右)を向いて食べる
②願い事を思い浮かべながら丸かぶりする
③しゃべらずに、最後まで一気に食べきる

この3点を守って、恵方巻を食べきると願い事がかなうと言われているようです。

なかなか丸ごと食べるのは大変ですが、「縁を切らないように」ということから、切らずに食べるのがよいとされているようです。

また、恵方巻の中に入れる具は、七福神にちなんで7種類がよいとされているようです。

恵方とは、その年の福徳をつかさどる神様である歳徳神(としとくじん)がいる方向です。

2018年は南南東やや右、戊(つちのえいぬ)の方角に、歳徳神を感じながら恵方巻を頂いてみてください。

この恵方巻を食べる風習は、もともと大阪地方でのみ行われていました。

1989年に広島のセブンイレブンが恵方巻を発売し、翌年から販売エリアを拡大したことで、恵方巻の習慣が全国へと広がったようです。

【節分は神道なのか?仏教なのか?】

結論から言うと、神道でも仏教でもありません。

元々は中国で行われていた、疫病や災害を祓う儀式が由来となっています。

祓うといっても、神道が由来になっているわけではありません。

仏教にも関係のない行事です。

節分が何かの宗教から由来しているというよりも、古来からの無病息災を願う行事だということが出来ます。

日本では当初宮中行事でしたが、江戸時代になると宮中では節分の行事は廃止されました。
それと同時に民間へ広がり、現在まで続く季節行事のひとつとなりました。

現在では宗教の垣根なく、神社や仏教寺院で「節分祭」や「節分会」として盛大に行われるようになりました。

これは季節の行事を神社や寺院が取り入れたということだったのですね。

【まとめ】

毎年、なんとなく豆まきをして恵方巻を食べて節分を終えていたかもしれませんが、これからは節分の意味を理解して、行事を楽しみたいですね。

2月3日に南南東やや右の方角を向きながら、大切な人の健康や幸せを祈って恵方巻を食べてみてくださいね。

節分の豆まき用の枡を子供と一緒に手作りする方法は?材料と準備するもの

ひなまつり2017パーティーで女の子が人気者になれる技あり手土産スイーツ4選

アラフォー母が入学式に着ておかしくない着物と帯の種類は何?色や柄は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です