3丁目の夕日64で子役から高校生に!淳之介役須賀健太の現在年齢と出演作は?

スポンサーリンク

日本テレビ金曜ロードショーで11月24日夜9時から放送の映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」。2005年の1作目、2007年の「続・三丁目の夕日」に継ぐシリーズ3作目で2012年の作品。1作目では小学生だった淳之介ももう高1。演じている須賀健太さんも撮影当時18歳。すっかり青年!その須賀健太さん、現在は何歳で、どんな役者さんになっているのでしょうか?もう子役の面影はない?

 

ALWAYS 三丁目の夕日’64での淳之介役須賀健太

 

映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」は、前作「ALWAYS 続・三丁目の夕日」から5年経った1964年(昭和39年)のお話です。

東京オリンピックの開催を前に国全体が活気付き、建設ラッシュも相成り東京は賑やかになってきました。

母であるヒロミ(小雪)と父である茶川竜之介(吉岡秀隆)と淳之介(須賀健太)は仲良く3人で暮らしていますが、

淳之介は安定した収入を得るために、大学に進学を心に決めますが、小説家としての夢をあきらめないでいる・・・。

この三人の家族の行方はどうなるのか・・・?

淳之介役である須賀健太は、2005年に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」では素朴でSFの小説を書くのが好きな少年を演じています。

撮影当時の年齢は11歳でした。

クリクリの目がとても可愛らしいですね。

今作は少年であった淳之介が高校生になり、進学を考えるお年頃になっています。

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」の撮影時は18歳であり、若々しく、将来のこと悩む青年を演じきっております。

爽やかな好青年でドキっとしちゃいます。

須賀健太の身長は、『ALWAYS 三丁目の夕日』の撮影時から40cmも伸びており、

シリーズ全体を通して子供から大人へと成長していっています。

 

古行淳之介役の須賀健太の子役時代の主な出演作は?

 

最近もテレビでよく見る須賀健太さんですが、子役時代の活躍を覚えている人も多いのでは?

有名なドラマや映画の出演作品と役どころをピックアップします。

2002年テレビドラマ放送の『人にやさしく』で五十嵐明役をしていました。

拙い喋りと一生懸命に頑張る須賀健太に心ときめかせる人は多かったと思います。

2006年公開の『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』では主役の花田一路を演じます。

可愛いわんぱく少年の姿にドキドキワクワクさせられました。

子役の頃から見ていますので、大きくなった青年の姿をテレビで見ると感慨深くなりますね。

子役時代から演技力が素晴らしく、第30回日本アカデミー賞・新人俳優賞、

第17回日本映画批評家大賞・審査員特別演技賞を受賞しています。

須賀健太の現在の出演作や様子は?

 

子役から立派な青年に成長した須賀健太さん。

2017年現在は、23歳。イケメン&演技派の青年俳優として活躍中です。

2018年公開予定の映画『ちょっとまて野球部!』では主役の中のひとりです。

ちょっとまて野球部公式サイト

 

写真集『SUGA 素顔』も発売しております。

子役の頃の可愛い須賀健太からカッコイイ須賀健太になっていて、とっても胸キュンです!

クリクリの目は健在ですが、その瞳に見つめられるとドキっとしちゃいますね。

 

須賀健太の公式LINEブログの更新率も多く、近状や出演している映画情報を教えてくれるので要チェックです!

須賀健太公式LINEブログ

 

 

いかがでしたか?子役からすっかり演技派のイケメン俳優に成長した須賀健太さん。これからの活躍もたのしみです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です