BGに萩原聖人が再登場?キムタクと共演の若者のすべての他のキャストは?

スポンサーリンク

木村拓哉主演のテレビ朝日木曜ドラマ「BG身辺警護人」第6話にちょい役で登場した萩原聖人が再登場?キムタク、萩原聖人が共演した伝説のドラマ「若者のすべて」に出演していた他のキャストが豪華過ぎる!あの俳優も!あの女優も!

【BG第6話ネタバレ感想!バッチこいよ!反抗期!】

日の出警備保障に元内閣総理大臣の鮫島匡一(橋爪功)から警護の依頼が入ります。自宅へ無言電話がかかってくるとのことですが、その正体は…。

一方、章(木村拓哉)は元妻の仁美(山口智子)から「誰かに狙われているので私の警護をしてほしい」と頼まれますが…。

今回、印象に残ったセリフ。章の言った「バッチこいよ!反抗期!」ですね!匡一がいうことなすこと頭ごなしの昭和の頑固親父というようなキャラクターに対して、章をふくめ今の大人は子供に対する対応というのが変わってきていますね。立原愛子(石田ゆり子)も女子トイレに閉じこもった匡一の孫、彩矢(豊島花)に「超生意気」といった後に「生意気っていうことは頭がいい」と言って、一回落として、自尊心をくすぐり、持ち上げて心を開かせます。随分なテクニックですよね。匡一には出来ない技でしょう。

章も反抗期の息子に対して、様子を見るというか話をさせる体制が整っているように見えました。私だったら、ただいまに対して子供が何も言わなかったら激怒ですが(笑)そこ、優しすぎるのでは?きちんと叱るべきでは?とも思いましたが、子供の気持ちに寄り添って話を聞き、すぐに目くじらをたてないのには章も色々と考えがあるのでしょう。章が息子の瞬(田中奏生)に不器用なりに寄り添っているからか、瞬にもその気持ちがなんとなく伝わっているようでしたね。

【萩原聖人がちらっと登場!キムタクと共演したあのドラマは?】

6話に少しだけ萩原聖人さんが登場するシーンがありましたね。

あっという間に取り押さえられてしまう暴漢?不審者?として、ほんのちょっとの登場だったので、「これってもしかして萩原聖人?本当に萩原聖人?」と自分の目を疑ってしまうほどでした。

でもエンドクレジットにちゃんと「萩原聖人」と出ていたので、本物の萩原聖人さんでした!(笑)

萩原聖人さん、政治家五十嵐の元秘書の植野という役でした。役名すら呼ばれいたか定かでない。。。

ほんとにちょい役でしたねー。

木村拓哉、萩原聖人といえば1994年に放送されたフジテレビ系伝説のドラマ「若者のすべて」ですね。ミスチルの主題歌も大ヒットしました。

萩原聖人さん、このドラマで木村拓哉さんとの不仲設ありましたね。役者としてドラマに出ているプライドからか、アイドルの演技を評価できなかったのですかね。でも木村拓哉さんは今は仲良くしているというようなコメントを後にテレビで残していました。

萩原聖人さんは、キムタクとの不仲設の他にも、麻雀好きや暴力事件疑惑、和久井映見さんとの離婚、マイナスイメージもありましたが、長い芸能人生いろいろありますよね。全盛期の頃とまではいきませんが、今でもアニメ「逆境無頼カイジ」の主人公カイジ役の声優や、ナレーター、俳優業でも活躍されています。

キムタク山口智子共演で気になるロンバケキャストの現在は?稲森いずみや森本レオは?

【伝説のドラマ「若者のすべて」今見たら豪華すぎるキャスティング】

主演の二人以外のそのほかのキャストも豪華すぎます。

武田真治、鈴木京香、深津絵里、遠山景織子、山口紗耶加、大沢たかお、篠原涼子…。

ユニコーンのベーシストEBIこと堀内一史さんも重要な役で出演されたいました。

特に印象深いのは、萩原聖人さん演じる哲夫の妹、妙子を演じた山口紗耶加さんですね。自閉症の女の子という難しい役どころでした。現在活躍中の女優、山口紗耶加の原点ここにありですね。

【今後のBG身辺警護人に萩原聖人は再登場する?】

今の旬なレギュラー出演者に加え、どこか懐かしさも感じさせてくれるゲスト出演で楽しませてくれるBG身辺警護人。

ロンバケの山口智子に続き、若者のすべての萩原聖人。キムタクの華麗なる歴史という視点でみるのも面白いですね。

第6話ではほんのちょっとだけの出演だった萩原聖人さん。まさか本当にこれだけのために萩原聖人をキャスティングするはずはありません!なので今後再登場することは間違いない!とふんでいるのですが。。。一体どんな風に章と絡んでいくのでしょうか。今後も楽しみですね!!

BG身辺警護人の鮫島あやの子役がかわいい!豊嶋花の出演作は?

BG身辺警護人6話で母親役の中村ゆりが美しい!平成細雪やわろてんかの着物画像も

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください