BG身辺警護人6話で母親役の中村ゆりが美しい!平成細雪やわろてんかの着物画像も

スポンサーリンク

木村拓哉主演の木曜ドラマ「BG身辺警護人」第6話にゲスト出演の女優中村ゆりが美しい!演じるのは依頼人の元内閣総理大臣の鮫島匡一の娘、喜和子役。美しすぎる脇役として話題の中村ゆりさん。「平成細雪」や「わろてんか」での着物も惚れ惚れするほど綺麗!中村ゆりさんの美しいインスタ画像も!

【BG身辺警護人第5話のネタばれ感想】

5話では初回から何度も回想シーンで出てきたボルトの意味が判明しました!


事故だったのですね。。。

島崎章(木村拓哉)は目の前にいた子供たちの命を守る代わりに、依頼人の元プロサッカー選手、河野純也(満島真之介)に怪我を負わせてしまい、それからボディガードを辞めたということでした。

それにしてもキムタクに「ザッキー」のネーミング似合いませんでしたね。(笑)あえての、今までのドラマイメージ、キムタクはキムタクにしか見えないの殻を破ろうという制作側の作戦でしょうか?

ネーミングにセンスない感じは、河野純也のキャラクター設定からくるのかもしれませんね。今後、浸透しそうにはありませんね。(笑)

過去の秘密が明かされて、仲間たちとの壁もなくなり今後は、段々チームワークがとれてきそうな予感が。

ラストの章の息子、瞬(田中奏男)との会話のシーンはどうして男の人ってこうなんだろう!と思いました。父親あるあるなのかもしれませんけどね。

なにがどうだからどうなんだということをきちんと説明しないと子供には分からないし、きちんとしたコミュニケーションとれないと母親目線では思ってしまいますが、男同士はあれで成り立つのかな?とも思います。おそらく、言葉できちんと説明せずにすれ違ってばかりでも、男の子はいつか父親の偉大さを肌で感じる事ができるようになるのかな~。

せっかくプロサッカー選手から伝授された素晴らしいアドバイスなのに、きちんと伝えないともったいない!と思ったシーンでした。

父親は母親と違って鈍感なので、子どもは父親と沢山一緒にいるほうが自己主張するようになるとテレビで専門家の方がおっしゃってましたよ。毎回きちんと分かりやすく説明すればいいってものでもないということですかね(笑)

BG身辺警護人で警視庁SP江口洋介の部下清田役の俳優阿部進之介の出演ドラマは?

【第6話ゲストの中村ゆりが綺麗!】

依頼人、元内閣総理大臣の鮫島匡一の娘、喜和子役に女優の中村ゆりさんが出演されます。

1998年に懐かしのオーディション番組「ASAYAN」で歌手オーディションに合格してデビューした「YURIMARI」ってご存知ですか?そのYURIMARIのYURIが中村ゆりさんです。

当時16歳で歌手デビューされた中村ゆりさんですが、現在では、「美しすぎる脇役」としてネット上では話題の女優さんに成長されています。

撮影終了。 さ。涼しいのでワンコロのお散歩。

中村ゆり yurinakamuraさん(@yurinakamurawoori)がシェアした投稿 –

数々のドラマに出演されていますが、メインではなく脇役で登場するたびに「あの美しい女性は誰?」と言われる特異なポジションにいらっしゃいます。出演のたびにちらっとインパクトを残す、品ある美貌を持った女優さんですね。

最近では「平成細雪」で伊藤歩、中山美穂、高岡早紀との豪華共演が話題になり、四姉妹の末っ子役として美しい着物姿を披露されました。

#平成細雪

中村ゆり yurinakamuraさん(@yurinakamurawoori)がシェアした投稿 –

着物といえば、朝ドラ「わろてんか」での癖のある落語家の奥さん、お夕さん役も記憶に新しいですね。

BG身辺警護人6話では綺麗なお母さんというかんじでしょうか。期待大ですね。

BG身辺警護人の島崎章のマンションロケ地が亀梨と山Pの野ブタと同じ?

【BG第6話にはあの山口智子が元妻役で出演!】

ストーリー展開も気になるところですが、最も気になるのは章の元妻役の山口智子さんの出演ですよね。

この二人の共演、ロンバケ世代にはすごくうれしいのですが、離婚した夫婦役なんて、なんか微妙な気持ちになりますよね。復縁はないのでしょうか(笑)

美しすぎる脇役の中村ゆりさんやロンバケ以来の共演の山口智子さんなど、ゲスト出演者も毎回豪華で今後も目が離せませんね!!

BG身辺警護人3話で木村拓哉が宙吊りになる橋のロケ地は?バンジーの名所?

BG身辺警護人でタレントかのん役の三吉彩花がスタイル抜群!モデル出身の画像あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください