ブラックペアン第2話ネタバレ感想!渡海ニノは左利きでアドリブがすごい?

スポンサーリンク

日曜劇場「ブラックペアン」2話に突入し、ますますの盛り上がりを見せています。

天才外科医と最新医療機器の対決や、研修医世良の頑張りなど見どころ満載です。

その中でも注目したいのは、主人公の天才外科医、渡海(二宮和也)の手術シーンの針裁き。

実は左利きのニノが右手で行うすごいスピードの縫合がネットでも話題です。

そして、あの名シーンがニノのアドリブって!

第2話のネタバレ感想をお届けします。

ニノの針裁きがすごい!件について

ブラックペアンでオペ室看護婦主任猫田役の女優は誰?リバースにも出てた?

ドラマ「ブラックペアン」の見どころのひとつと言えば、緊迫する手術シーンですね。

1話、2話共に手術シーンで、危機迫り、もうダメかもしれないというところでやってくるのは、二宮和也さん演じる主人公の渡海。

鮮やかな針裁きで、手術を成功に導き、他の人間をせせら笑うかのように去っていきます。

渡海の手術について、SNS上でも盛り上がっています。

https://twitter.com/LovesMinny/status/988047086854725632

二宮和也さんは、左利きであるにも関わらず、手術のシーンでは右手を使い、鮮やかにあの早業をおこなっているということ。

天才外科医を演じるニノもまた天才なのでは?と思わせてくれますよね。

左利き率の高いブラックペアン

ちなみに、第2話はスナイプ手術を担当した関川医師が左利きだった!ということが失敗の要因になってしまいましたが、

ブラックペアンのキャストは左利きが多いってお気づきでしたか?

渡海先生の二宮和也さん、

関川先生の今野浩喜さん

研修医世良の竹内涼真さん

みんな左利きです。

第2話ネタバレ感想!天才と過ごすということについて

第2話では、何といっても世良(竹内涼真)を通して、仕事に対する恐怖や、命を救うことに対する責任の重さを疑似体験することが出来たという回でしたね。

真っすぐで真面目に一生懸命にひたむきに生きる凡人にとって、渡海のような常識では通用しないようなイレギュラータイプの天才のことは理解しがたいことだらけですよね。

凡人には分からないんです。そう、なぜなら相手は天才だから。

だけど、正論では語りつくせない、天才には天才なりの正義があるのです。

このブラックペアンに出てくる登場人物の医者達は、世良も含め皆それぞれの正義を抱えて仕事をしていますね。

お互いに、揚げ足だけを取り合うようなそんな薄っぺらいものではない奥の深さが隠されたドラマだと思います。

「泣くくらい怖いなら」はニノのアドリブ

そんな中でも世良の涙のシーンは見ているこちら側にも涙を誘いました。

手が震えるほど、涙が出てしまうほど怖いのです。

なんて美しい涙だったのでしょうか。異動届が渡海に見つかり、追い詰められるシーン。

これって、ニノと竹内涼真くんのアドリブだったんだそうです。

すごいですよね。

ブラックペアンで黒崎役の俳優は誰?ナレーションや声優での出演作がすごい?

ニノ渡海 VS 小泉高階

高階(小泉孝太郎)は、第一回と同じパターンで佐伯や渡海にハメられたような、試されたような仕打ちを受けますが、さすが、20年後には院長になるまでのお方です。

渡海と世良の退職を巡った賭けをして1000万円をチャラにするなんて、ちゃんと対策立ててます。

研修医の世良も、今は真っすぐで振り回されてばかりですが、周りのしたたかな大人に揉まれて立派な社会人として成長していくのですね。

医師でなくても、普通に社会人として視聴者が共感できる部分だったのではないでしょうか。

ブラックペアン第3話は?

天才外科医渡海と、最新医療機器スナイプを掲げる高階の対決今後もまだまだ続きそうです。

二人に翻弄されながらも成長していく世良の今後の活躍にも期待したいですね。

第3話では渡海が佐伯教授(内野聖陽)の指示で、スナイプ手術をすることに?一体どうなるのでしょうか?

ハラハラドキドキの展開に目が離せませんね!

ブラックペアン第1話ネタバレ感想!二宮渡海と小泉高階が原作と違いすぎる?

ブラックペアンで研修医速水役のキャストは誰?ジェネラルルージュでの速水役の俳優は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください