ブラックペアンにカトパン出演でニノファンが思い出す伊藤綾子の現在は?

スポンサーリンク

4月から始まる嵐・二宮和也主演の新ドラマ『ブラックペアン』も情報解禁が進んできましたね!気になるドラマの原作とあらすじをご紹介します。カトパンこと加藤綾子もこのドラマに出演しますが、ニノのファンの頭をよぎるのは同じくフリーアナウンサー伊藤綾子。ニノとの交際報道後の伊藤綾子は今?

『ブラックペアン』の原作作者はあのチーム・バチスタ?!

日曜劇場『ブラックペアン』の原作は『新装版 ブラックペアン 1988』。

作者はなんと、あの有名ドラマシリーズにもなった『チーム・バチスタの栄光』を書いた、海堂尊なんです。

どの作品もどうしてここまでリアリティーがあるのか、、、と思っていましたが、自身も千葉大学の医学部を卒業し、医学に精通しているようです。

このドラマの原作『ブラックペアン1988』と『ブレイズメス1990』『スリジエセンター1991』のバブル三部作は累計150万部を突破するほどの大ヒットを記録しました。

気になる原作・1話のあらすじは?

「神の手」との異名を持つ佐伯教授(内野聖陽)が君臨する東城大学外科教室。

そこに送り込まれてきたのは、帝華大の「ビッグマウス」高階(小泉孝太郎)。

それも食道癌手術の新兵器、「スナイプ」を手土産に現れました。

そこに待ち受けていたのは天才的な技術を持つ外科医、渡海征司郎(二宮和也)。

どうしてなのか理由はわかりませんが、どんな昇進話も断り続け、彼についたのは「オペ室の悪魔」。

そう呼ばれる渡海は、佐伯外科の純血種です。刺客・高階の手術を見て「こんなの手術じゃないな、ままごとだ」と罵ります。

そらに対し、「あなたは手術職人だが、医者ではない」と言う高階。

不穏な雰囲気の佐伯外科に、研修医・世良雅志がやってきます。

「チーム・バチスタの栄光」の原点となる因縁の対決はここから始まりました。

孤高の天才外科医と新任エリート医師のプライドと革命・信念の物語が幕を開けます。

松本潤から引き継いだ日曜劇場枠。二宮和也が繰り出す、医者の世界がどんなものになるのか楽しみですね!

フリーに転身の人気アナ、カトパンが出演!

今回このブラックペアンに出演が決まったのは、フジテレビからフリーに転身したカトパンこと加藤綾子。

局アナ時代は各番組から引っ張りだこで、なかなか休みもなかったのだとか、、、。

フリー転身後はCMなどでもお見かけしますね。

今回はそんな彼女が連ドラに挑戦!

彼女が演じるのは治験コーディネーターの木下香織です。

アナウンサーとしての腕はピカイチですが、果たして女優もそつなくこなしているのでしょうか?

あわせて乞うご期待です。

“ニノ”・“女子アナ”で思い出す!あの!伊藤綾子は今?

二宮和也と加藤綾子が共演するとなれば、ニノファンが思い出すのは“あの”フリーアナウンサー伊藤綾子、ですよね!

二宮和也と熱愛報道が出てから2人は別れさせられたのだとか。

しかし当時、数々の交際を匂わすようなSNS投稿をしていたため、アンチ伊藤綾子が増えに増えて彼女のSNSを監視してまわるようになりました。

交際報道当時の伊藤綾子は、NEWS・小山慶一郎も出演する『news every.』(日本テレビ系)のレギュラーでしたが、局には熱狂的なニノファンからの「降板させろ」というクレームが相次いだのだとか。

しかし、すぐに降ろすと、明らかに「ニノとのスキャンダルでクビになった」と視聴者に解釈されてしまうので、改編期を待って自然な形での“ご退場”ということになったのでは?とまことしやかに噂されています。

そんなこんなでメディアに出ることも少なくなってきた伊藤綾子ですが、

ラジオ番組「伊藤綾子の窓辺でブランチ」のパーソナリティや

テレビのグルメレポートなどに出演されているようです。

同じグループの櫻井翔・テレ朝小川彩佳アナカップルの好感度とはえらい違いな気がしますね。

二宮和也主演の日曜劇場『ブラックペアン』は

4/22 夜9時から放送スタートです。

今回のブラックペアンが女優初挑戦の加藤綾子の演技にも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です