花のち晴れが原作と違うとファンから不評の理由とは?最終回の結末も変わる?

スポンサーリンク

次回第9話を含めて残すところあと3話となった『花のち晴れ』。

伝説『花より男子』の続編とも言われ、

始まる前からかなりの話題作になっていましたが

ここに来て"原作と違う!!"とファンから不評の嵐!!

一体どんな理由が、、、?!

最終回の結末も原作と変わるのでしょうか?!

『花のち晴れ』、原作とドラマは一体どう違うの?!

花のち晴れで天馬の父役の俳優は誰?英語ペラペラだけど国籍は何人?

そもそも天馬は音の初恋の人ではない?!

ドラマでは、天馬の母・美代子が亡くなる時に音(杉咲花)と天馬(中川大志)の婚約を望んでいますね。

さらに音にとっても天馬は初恋の人で、2人ともお互いを想っていました。

音も天馬も、お互いに"自分は好きなのに相手は親の決めた婚約者でしかないと思っているのではないか、、、?"と悩んでいる場面も出てきました。

しかし、原作ではどうやらそうではないようなんですね!

原作では、音にとって天馬はただの親が決めた許婚にすぎないのだとか、、、。

音が寄付金滞納で英徳を追い出されそうになった時に天馬が肩代わりしてくれた5000万円も、

音にとってはかなりの重荷になっていたようです。

初恋の人だからというより、金銭的な理由で天馬を無下にはできないところがあったのでしょうか。

視聴者最大の不満要因は、出しゃばるメグリンとブレブレの晴?!

出だしは好調で、"花キュン"という言葉まで流行っていた『花のち晴れ』ですが、

原作ではちょい役ですぐ消えるメグリン(飯豊まりえ)がまるで主役か?!とも思わせるくらい出てくるんですね。

そもそも原作ファンや視聴者からのメグリンに対する評価は"雑誌の表紙をジャックするほどの人気モデルとしては無理がある"や、"主人公の幼なじみ程度ならまだしも、ティーンのなりたい顔No.1はないだろう"などと、ミスキャスト扱い!

その上、ここ最近のストーリーは主人公の音よりもいい子に描かれすぎているし、残り3話と最終回が迫るというのに原作でちょい役のはずのメグリンが出しゃばってなかなか消えてくれません。

見ているこっちは音と晴(平野紫耀)と天馬の恋の展開を楽しみにしているのに、心がザワザワするどころか

もうメグリンの登場にはお腹いっぱい、、、とさえ思ってしまいます。

さらに!!

一番の問題点は、気持ちがブレる晴。

7.8話では原作よりオリジナルストーリーの要素が強く展開しています。

原作では、メグリンが出てきても晴は音への一途な気持ちを変えることはないんです!

でも、ドラマでの晴はメグリンの彼氏(仮)になったり、メグリンとの婚約話がでてきたり、音とは友達になったり、愛するメグリンの誕生会を仕切ろうとしたり、、、。

さらには、『(仮)が取れたら"めぐみ"と呼んでほしい!』と言っていたメグリンに対して、

『1人にさせてごめんな、、、。お誕生日おめでとう、めぐみ。』と、名前を囁き、抱きしめたり!!

原作では、メグリンを彼女(仮)にもせず、キッパリ振っています。
それに音に一途で全然、晴の想いはブレていません!

そんな晴と音を応援したくて見ている原作ファンは

"オリジナル要素入れてもいいけど原作の大事な設定まで変えないで!!"

と不満を爆発させています。

これでは、今後音と晴にまた恋の展開があっても心から祝福できない、、、との声さえ上がっています。

今後の展開は?!最終回の結末も変わる??

花より男子の再放送は2018年もある? 松本潤と井上真央の共演NGの理由は?

音と天馬、晴とメグリンがそれぞれ抱き合うシーンで終わった第8話。

原作では音と晴がくっつきそうですが、ドラマの最終回は違う結末になるのでしょうか?!

ここからはこれまでのシーンを振り返り、今後の予想といきたいと思います!

●メグリン以外上の空?!

8話の最後のシーン。

それぞれ抱き合う4人ですが、実は晴に抱きしめられ名前を呼んでもらって嬉し涙を流すメグリン以外、みんなどこか上の空なんです。

晴への気持ちに気付いた音、自分の知らない音の姿を晴の口から聞いて嫉妬か悲しみかどこか虚ろな天馬、音のことを想うのに食事会で友達宣言し背中を押してしまった晴。

みんな、心ここに在らずの状態だったように思います。

●不評の7.8話も、よく見ると音のことを一番に想う晴の姿?!

音にきっぱりフラれてメグリンにフラフラしているような晴も、原作ほど一途ではないものの

各所で音のことを想ってしまう表情が見えるような気がします。

メグリンからも"ありのままの晴くんが好きだ"と言われていたけれど、それより"神楽木らしくいてね!"と好きな音に言われたことで、ヘタレな自分も受け入れて自分らしくなれたことに感謝します。

父親にメグリンとの婚約を告げられたときも納得はしていません。

桃乃園に転校すると言っていた音が翌日英徳に登校したときも、自分のために戻って来てくれたのでは?と期待してしまいます。

メグリンの誕生会に音が来れなくなったと連絡が来たときも、メグリンそっちのけで頭の中は音でいっぱいでした。

メグリンの彼氏(仮)になった後も、メグリンの誕生会を放り出してわざわざ音のために馳家との食事会に出向き音を庇い頭を下げます。

どれもこれも、好きな気持ちはあるのに天馬を好きだという音のことを想って身を引こうとした?

もしくは、愛莉パターンで"関係ないって言われるよりも、友達でもいいから側にいたい"と無意識に思った結果ではないか、、、と考えます。

それでも原作のように一途な晴を貫いてほしいですが、、、!!

●完璧だった天馬と、何もかも天馬に負けていた晴の株がついに逆転?!

次回予告で出てきますが、音の言うことを信じない天馬に対して晴が怒るシーンが出てきます。

今まで晴自身が打ち砕かれるくらい何もかも天馬が優っている設定でしたね!

個人的には晴派でしたが、いつでも紳士的に立ち回る天馬を選ぶ音を見てどこか納得せざるを得ないようなモヤモヤがありました、、、。(笑)

しかし、1回目のWデートと2回目のWデートでは親が決めた婚約者から正式に付き合った彼氏と、音の気持ちを確認して余裕ができたはずの天馬も、実質的には音と晴を前にして余裕が感じられなくなっていましたね!

反対に、友達同士になったはずの音と晴はお互いに変な感情を吹っ切って、相性の良さがパワーアップしているようでした。

この状況で、自分を信じてくれるのが天馬でなく晴ならば音の中で天馬の株は下落、晴の株が急上昇になるのでは?!

そんな天馬の姿をみて、晴も一度は身を引こうと思った気持ちが再燃するのでは?!

以上のことから、

オリジナルストーリーで回り道をしたけれど音と晴がくっつくという大筋はかわらないのでは?!

と思います。

いよいよ火曜に迫った『花のち晴れ』。

最終回、結末はいったいどうなるのでしょうか?!

「花のち晴れ」は言わずと知れた、「花より男子」の続編の設定です。

2005年の「花より男子」の放送からもう13年!

第1話では「花男」で松本潤が演じていた道明寺司が登場して、ツイッターがダウン?!という噂がたつほど!

やっぱり、ドラマ「花より男子」はそれくらい人気のあった名作ドラマだったんですね!

となると、懐かしい松潤の道明寺と井上真央の牧野つくしをもう一度見たい!

再放送はある?YouTubeで見られるの?動画配信はある?

「花より男子」を全話無料で視聴する方法を調べてみました!

詳しくはこちらの記事で!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

松潤の花より男子を無料で全話視聴する方法!YouTubeで見るのは違法?

「花より男子」、YouTubeでは見つけられませんでしたが、

DVDのネット宅配レンタルの「ツタヤディスカス」を使えば、

完全無料で「花より男子」を全話見ることができますよ!

ツタヤディスカスの公式サイトはこちら

30日のお試し期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

完全無料!

しかも無許可動画と違って、ウィルスなどに感染する心配もなく、

安心して見ることができます。

そして、嬉しいことに、

「バンビ~ノ」や「失恋ショコラティエ」「ぼくはペット」「ごくせん」

なんかも、完全無料で借り放題!

松潤ファンにはたまりません!

ツタヤディスカスを試してみる!

という方はこちらからどうぞ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください