この世界の片隅にですずの妹すみ役の女優は誰?CMやドラマ出演作は?

スポンサーリンク

この夏始まる新ドラマ、TBS日曜劇場「この世界の片隅に」。

大ヒットドラマを連発してきた日曜夜9時の枠なだけに期待が高まります。

今回は、そのドラマ「この世界の片隅に」で主人公すずの妹すみ役に抜擢された女優さんに焦点を当ててみていきたいと思います。

すずの妹、すみとはどんな役?

ヒロインすずの妹、すみとはどんなキャラクターなのでしょうか?

すみは、すずの年子の妹。

のんびりしたすずとは、対照的でしっかり者の美人という役柄。

すずに見合いの話しが来た際にすずが「すみちゃんとの間違いでは?」と言ったほどです。

すみは、年子の姉すずを「すずちゃん」と呼び慕っています。

年の割にしっかり者の美人、今回すみ役で出演する女優さん、そういうイメージありますね。

芯の強さを感じる正統派美人というイメージのある女優さんです。

さてそのすみを演じる女優とは…。

すみ役を演じる女優は久保田紗友さん

View this post on Instagram

無意識に青が好きらしい

A post shared by 久保田紗友 (@kubotasayu) on

久保田沙友プロフィール

久保田沙友 Kubota Sayu

生年月日 2000年1月18日

出身地 北海道

身長 158㎝

体重 45㎏

靴 23.5㎝

趣味 DVD&音楽鑑賞

特技 カメラ、ダンス、歌

事務所公式サイトより(www.sma.co.jp/artist/profile/index/215/2)

事務所の若手女優による演劇集団「劇団ハーベスト」の元メンバー。

2018年4月をもって退団。

公式ラインブログ:https://www.lineblog.me/tag/久保田紗友

久保田紗友さん、こんなにクオリティが高く、貫禄まで感じさせるのに、まだまだ18歳(2018年現在)の若さというのが驚きですね。

小学4年生の頃から地元、北海道の芸能事務所に所属し、舞台やCMなどに出演していたそうです。

インスタグラム https://www.instagram.com/kubotasayu/?hl=ja

ツイッター https://twitter.com/sacchin2018

久保田紗友、過去の主な出演作

【テレビ】

2013年「神様のイタズラ」

2015年「模倣犯」

2016年「喧噪の街、静かな海」

ディーン・フジオカさん主演のNHKの単発ドラマで、久保田さんは女子高生のクロを演じています。ドラマ内での重要なキャラクターの1人を堂々と演じてらっしゃって、演技力の高さと大物感漂わせてます。

2016年「運命に、似た恋」

原田知世さんと斉藤工さんの大人の切ないラブストーリー。久保田さんはその中で、原田知世さん演じる主婦のカスミの息子、つぐみ(西山潤)に恋して彼を隠し撮りし続けるカメラオタクのカメ子という役を演じていました。

根暗でオタクでメガネだけど、実は美少女というスタンダードな少女漫画の主人公的な役柄。

ちょっと心に何か抱えている一筋縄ではいかない美少女という役柄がよく似合う女優さんですね。

2017年「べっぴんさん」

NHKの朝ドラで他の同年代の出演者より大人びた雰囲気の少女、山本五月を演じ、一気に知名度があがりましたね。

2017年「過保護のカホコ」

主人公、高畑充希さん演じるカホコのいとこのイトちゃん役でしたね。

チェロが引けなくなり非行に走ったり、カホコの恋のライバルのようにもなったり、何かとお騒がせな役でしたが、過保護に育てられたカホコを見て、イライラする気持ち、ちょっと共感できました。

何もできないのに、みんなにチヤホヤされてのほほんとみんなに愛されながら生きているカホコに少しコンプレックスのようなものもあったのかな?

よく周りを睨みつけていた目ヂカラがとても印象的でした(笑)

【映画】

2014年「僕は友達が少ない」

2016年「疾風ロンド」

2017年「ハローグッパイ」

【CM】

2012年 ソニー「WALKMAN Fシリーズ」

2012年 森永製菓「エンゼルパイ」

2015年 NTTドコモ「iphone,ipad」

2016年-2018年 ジョンソン・エンド・ジョンソン「アキュビュー」

2017年 アットホーム

2018年 伊藤園「お~いお茶 新緑」

まとめ

若いのに実力派。ポスト土屋太鳳とまで言われている久保田沙友さん。

「この世界の片隅に」ではどんな演技で魅了してくれるのか、楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください