大輔と砂里と真琴の三角関係の結末はどうなる? 原作とドラマで比較予想

スポンサーリンク

大ヒットしている海外ドラマのリメイク版が安定して視聴率を取れるこの頃。

フジテレビ系月曜9時『SUITS』もその一つ!

気になる大輔、砂里、真琴の三角関係の結末は?

アメリカの原作ドラマと比較して予想します!

※ネタバレあり!

大輔、砂里、真琴のキャラ設定は?原作とどう違う?!

★大輔=マイク

原作と日本版のキャラクター設定はほぼ同じでした!

強いて言えば、

悪友からの絡みが日本版の大輔(中島裕翔さん)より原作のマイク(パトリック・J・アダムスさん)方がねちっこく付きまとっていて苦労しているようですね。

★砂里=ジェニー

日本版では、砂里(今田美桜さん)は悪友・遊星(磯村勇斗さん)の妹役。

しかし!!

原作ではなんと、ジェニー(ヴァネッサ・レイさん)は悪友・トレヴァーの彼女なんです!

日本版はまだ序盤ですが、大輔が経歴詐称をして弁護士になったことを唯一打ち明けられた存在が砂里でした。

大輔のおばあちゃんも認知しているほど昔からの付き合いで、大輔の過去を知っていることもあり2人は気の置けない仲ではありますね!

すでに、砂里は大輔に片想いをしているようですが、、、

弁護士資格や経歴詐称の秘密を共有することで惹かれ合う仲になるのでしょうか?

 

★真琴=レイチェル

原作でのレイチェル(メーガン・マークルさん)は、恋愛において"過去に失敗したことがある"ということで!

社内恋愛は極力避けたいという姿勢を前面に押し出しているのだそう。

まさに、日本版の真琴(新木優子さん)もかなり警戒している感じですよね。

回を追うごとに大輔に対しては少しずつ心を許しているように感じますが、、、

真琴の態度が鉄壁なのは、すでに明かされたセクハラの過去のトラウマからなのか?

果たして、原作を忠実に再現したからなのか?

もしかしたらこれから、日本版でも"過去の失敗"の部分が明らかにされるかもしれませんね!!

大輔、砂里、真琴の三角関係の結末は?原作ドラマと比較予想!!

※ここからは、原作ドラマのネタバレを含みます。ネタバレを見たくない方はここから先は読まないでくださいね。

 

原作では、、、

トレヴァーに嫌気がさしたジェニーは、心優しいマイクに惹かれていきます。

すでにそこで、ジェニーを巡る三角関係ができているのですが!

トレヴァーとの関係に距離を置いたマイクとジェニーは一旦結ばれますが、再び2人の前にトレヴァーが現れるとお互い関係を告白できず…。

ということで、

シーズン1ではマイクとジェニーは深いところまでいくようです。

つまり、日本版も

大輔と砂里は一旦遊星とは距離を置き、いい雰囲気までいく

のだと思います。

しかし、砂里は遊星の彼女ではなく妹。

原作よりも余計に縁を切るのは難しいですよね。

つまり

遊星の存在が邪魔をして、2人の関係はストップする

のではないでしょうか。

 

しかし、法律事務所に入社してからマイクはパラリーガルのレイチェルにメロメロだそうで、、、。

まだシーズン2では、お互い好意を持ちつつもそのまま。

シーズン3で、マイクはとある経緯でレイチェルにハーバード大学を卒業していないことを打ち明けるなど、親密な関係に。

シーズン4では、経歴詐称に限界を迎えたマイクは転職し、レイチェルと恋人関係になり同棲を始めます。

シーズン5ではマイクはレイチェルにプロポーズ!

しかし、事務所のトラブルなどに見舞われなかなか話を進めることができず。

という感じで、原作通りいくと大輔・砂里・真琴の三角関係は、、、

大輔と真琴が結ばれる

ということになりそうです!!!

シーズン5でプロポーズなので、日本版が原作のどこまでを採用して結末に持ってくるのかによっても三角関係の行方は変わってくる可能性はありますが、、、!

今のところ、原作のシーズン1をなぞってストーリーが展開している様子。

もしかしたら砂里といい感じになるあたりで一旦お開きとなるかもしれません!

そうなると、まだまだ中盤に差し掛かったところではありますが続編にも期待できるかも!

果たして

どういうきっかけで関係が進んでいくのか、

オリジナル要素で変化球を投げてくるのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください