MGCで設楽と大迫のシューズは同じ?最新のピンクカラーの型番とメーカーは?

スポンサーリンク

2019年9月15日のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)を走る設楽悠太選手と大迫傑選手は日本記録2位、1位の記録保持者です。

その日本のトップマラソンランナー2人が同じシューズを履いている??NIKEなのはわかるけど、モデルも色も一緒?

このシューズを履けば、あなたの記録も伸びるかも?実は有名なマラソン選手はほとんどと言っていいほど履いているNikeの厚底シューズ。

東京オリンピック男子マラソン代表候補の選手が選んだシューズについて、発売日や価格、型番などを調べてみました!

他にも、同じシューズを履いている有名選手やシューズの特徴、名前の由来などのトリビア情報も!

MGCで設楽選手、大迫選手が履いているシューズはナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%

設楽選手、大迫選手が今回のマラソングランドチャンピオンシップで履いているシューズはNIKEのランニングシューズで

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%
というモデルです。

設楽選手が日本新記録を作った2018年の東京マラソンで履いていたのは、同じNIKEの

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%

というモデル。

その後、大迫選手が設楽選手の記録を破って日本新記録を樹立したのも

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%

というモデルです。

同じレースを走ったわけではなかったので、気づかなかったかもしれませんが、

設楽選手と大迫選手は同じモデルのシューズを履いていたんですね!

 

そして、今回の2020東京オリンピックマラソン日本代表選考会である、MGCで2人の選手が履くのが、前のナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%から進化した、ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%というモデルです。

設楽悠太選手↓

 

大迫傑選手↓

ちなみに日本記録第4位の服部勇馬選手も同じシューズを履いていますよ!

 ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%の発売日は?

前のナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%から進化した、ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%ですが、

蛍光グリーン色の「ファントムグロー」というカラーは2019年の7月にすでに発売されていますが、大迫選手の履いている、鮮やかなピンク色の「ピンクブラスト」というカラーは、

MGC当日の9月15日の発売なんです!

 

MGCで走る2人の姿を見て、「同じシューズが欲しい!」と思う人は多いはず!

そんな人達のために、発売日をMGC当日にぶつけてくるとは、NIKEさん!なんと粋な計らい!

 

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%の価格と型番は?

 

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%の販売価格は税込みで29,700円

NIKEのオンラインストアやスポーツ用品店の店頭、オンラインショップで購入できます。

発売直後は人気が出そうなので、店頭は売り切れてしまいそうですね。

確実に手に入れたい場合は、オンラインショップの方がよさそうです。

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%

ネオピンクの型番は

AO4568-600

 

ブラストグリーンの型番は

AO4568-300 FA19 SBY

NIKEのオンラインショップは、15,000円以上の購入で送料無料になりますし、無料で返品交換ができるので、安心して購入ができますね!

NIKEオンラインショップの返品・交換についてはこちら

 

新しいナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%はどう進化したの?

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%から進化した、ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%。

具体的にはどの辺が進化したのでしょうか?

アッパーの通気性が良くなった

一番の注目ポイントは、雨や汗で濡れても軽い!というところ。

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%は、ボストンマラソンのレース中に雨でシューズが重くなったとコメントをした、シャレーン・フラナガンなどアスリートからのフィードバックを受け、新しくなったアッパーが目を引きます。

NIKE公式サイトより

とあるように、選手からの意見を反映して、アッパーの部分がより通気性の良いものに改良されました。

アッパーに今回初めて使われたヴェイパーウィーブは、ナイキ フライニットよりも軽量で通気性に優れた構造の素材です。さらに重要なことに、汗や雨などの水分の吸収をとても抑えることができ、マラソンを走っている間も通気性良く乾いた状態を維持します。

雨や汗でも重くならない!

どんな状況でも軽い状態をキープできるシューズなんですね。

 

他にも、

  • 足への圧迫を防ぐためにシューレースの位置を変えた
  • 長い距離を走ってもアキレス腱を快適な状態に保つためにかかと内側にフォームを配置した
  • オフセット(前足部とかかとのソールの厚みの差)を少なくし、より安定感を高めつつ、つま先を蹴りだす瞬間のエネルギーリターンを最大化

などなど、ちょっとずつ進化したシューズになっています。

 

4%からネクスト%へ!シューズの名前の由来と変わった理由は?

 

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%へとアップグレードされたわけですが、元々の「4%」、そして「ネクスト%」という名前にはどういった意味が込められているのでしょうか?

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%の前はナイキ ズーム ストリーク 6というモデルでした。

このストリーク6よりも、新しいシューズはランニング効率が平均4%高くなった!のだそうです。

だから、シューズのネーミングに「4%」という文字が入ったのだとか。

そうか~。4%高くなったのね~。(4%速くなったとは違うのか?!)

それで、ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%!

 

そして、次のモデルがヴェイパーフライ ネクスト%!

この「ネクスト%」には「新たなレースを走るたびに、より速く走れることへの期待」なんだそうです。

より速く!もっと速く!という思いが「ネクスト%」に込められているんですね!

 

現時点で、ナイキが「ナイキ史上最速のシューズ」とうたっているナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%。

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%を履いた、設楽選手、大迫選手の活躍もたのしみです。

 

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%を履いている世界の選手は誰?

設楽選手、大迫選手と日本の誇るトップマラソンランナーふたりが着用しているナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%ですが、他にもこのシューズを履いて活躍している選手はたくさんいます。

というよりむしろ現在は、「速いマラソン選手はほぼみんなナイキ」という状態です。

2018年の世界の6大メジャーマラソン大会”ワールドマラソンメジャーズ”では、6つの大会のうち、5大会でナイキを履いた選手が優勝しています。

(唯一の例外がボストンマラソンでアシックスを履いた川内優輝選手)

では、その中でも有名な選手を紹介していきましょう!

エリウド・キプチョゲ選手(ケニア)

男子マラソンのリオ五輪の金メダリスト、エリウド・キプチョゲ(ケニア)選手。ナイキの厚底シューズを履いて

ベルリン・マラソンで2時間1分39秒の驚異的な世界新記録を出しています。

モー・ファラー選手(イギリス)

ロンドンオリンピック、リオオリンピックの5000mと10000mの金メダリスト。

2018年のシカゴマラソンの優勝者です。

このシカゴマラソンのレースで大迫選手は日本新記録を更新しました。

 

モジネット・ゲレメウ選手(エチオピア)

世界記録第2位のモジネット・ゲレメウ選手。2018年のドバイマラソンで優勝しています。

 

MGCでナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%を履いている選手は?

こちらがNikeのナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%の広告動画!

今回MGCでナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%を履いて走る選手たちがかっこよく紹介されています!

Nikeのホームページでは、「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%を愛用する日本を代表する長距離選手やパラアスリート」として以下の選手が紹介されています。

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%を愛用する日本を代表する長距離選手やパラアスリート

大迫傑選手、高久龍選手、重本沙絵選手、山本憲二選手、設楽悠太選手、橋本崚選手、岡本直己選手、松崎璃子選手、
藤川拓也選手、萩原歩美選手、岩田勇治選手、服部勇馬選手、堀尾謙介選手、藤本拓選手、福田穣選手、中村匠吾選手

 

この中で今回のMGCに出場するのは、こちらの選手たち!

藤本拓選手

 

中村匠吾選手

 

山本憲二選手

 

橋本崚選手

 

岩田勇治選手

 

福田穣選手

 

 高久龍選手

 

堀尾謙介選手

 

岡本直己選手

 

マラソン選手がこぞって履いているナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%

あなたも履いたら速く走れるかも?!!