絶対零度ネタバレ予想!桜木泉は生きていてベトナムの焼死体は上戸彩じゃない?

スポンサーリンク

月9新ドラマ「絶対零度」始まりました。

大人気シリーズで、シーズン1、2の主演は上戸彩さんでしたが今回は、沢村一樹さんにバトンタッチしてなかなか新鮮な印象を受けましたね。

さて、そんな絶対零度ですが、第一話で上戸彩さん演じる、桜木泉が死んだ?という衝撃なラストを迎えました。

本当に桜木は死んだのか?今回はそこに焦点をあてて見ていきましょう。

シーズン2まで主人公だった桜木泉はどこへ?

言わずとも知れた、絶対零度シーズン1、シーズン2の主人公、桜木泉(上戸彩)。

シーズン1では、一生懸命さだけが取柄の新人刑事、シーズン2では厳しい修行を積み、一人前の捜査員として成長。

さらに後輩の山内徹(横山裕)の教育係を担当。

1人の刑事が色々な事件を解決しながら成長していく姿が描かれていましたね。

そして、シーズン2の最終回から今回の「絶対零度2018」までの間、桜木は成長した山内とバディを組み、捜査に当たっていました。

それがある日、突然、桜木は山内に、今の任務から離れてやらなければいけないことがあると言い、その後失踪してしまいます。

特殊犯罪捜査班を離れて何の任務に向かったのか?

それに警察上層部は、桜木を探そうともしない。

バディとして組んでいた山内には訳が分からず、納得も出来ない出来事ですね。

今回、主人公は井沢範人(沢村一樹)ですが、謎と疑問を抱えミハンチームにやってきた山内が視聴者目線で話が展開していくようですね。

本田翼さん演じる小田切に「童貞のくせに!」と罵られるシーンにドキっとしました。

これは「ミハンシステムの任務を完遂したこともないくせに」という意味を指していたのですが、何も知らない視聴者と同じ目線で初回ドラマの内容を追っていくという役割故の罵られだったように思われます。

(余談ですが、そんなにカッとなって怒らなかったところに、山内が本当の意味での童貞ではないのだなという余裕を感じられました。あと、任務を完遂した後にちゃんと井沢が、「どうだった?初体験の感想は?」と小田切からのバトンを受けていたところも良かったです。)

桜木泉はなぜベトナムへ?

さて、桜木泉なんですが、なぜかベトナムにいました。

バナナを差し入れてくれた少女にブレスレットをもらい身に着けます。

桜木は、ノートに書かれた「イザワ・ノリト Norito IZAWA」の文字を見ています。


関係ないけど、ローマ字で書くとIZAWAってYAZAWAっぽいですね。(笑)

それはさておき、 井沢範人はミハン捜査員リーダー、沢村一樹演じる今回の主人公! 

その後、ドアを叩く音がして、誰かに追われているのか桜木は、窓から脱走。

ラストに、桜木であろう焼死体が出てきます。その腕には少女からもらったブレスレットが!

桜木は井沢のことを調べるために、上からの命令でベトナムに行ったのでしょうか?

井沢はそもそもどういう人物なのか?

謎に包まれたダークヒーローというのは「ブラックペアン」のニノといい、最近はこういうのがうけるのでしょうか?

焼死体は桜木泉ではない?桜木泉は生きている?

とにかく、ツイッターでも、桜木泉は生きているという声が多く見られます。

確かに、第1話で映し出された焼死体は腕だけでしたし、

何と言っても、なんでこんなにあっけなく死んでしまうの?と疑問が残ります。

これからこの第3シーズンかけて、この桜木泉失踪事件について徐々に謎解きが行われていくのでしょうが、

「桜木泉は本当は殺されていないで生きている!」に一票です!

これからのシーズンにどんな伏線が隠されているのか?どんな謎解きがされるのか、毎週の1話完結の事件とともにたのしみです。

絶対零度第1話ゲストのクラブ経営者役が武井壮?月9は俳優に避けられている?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください